人気のわたあめメーカー5選♪ ふわっふわに作るコツも要チェック!

コットンキャンディーと呼ばれ再注目されているわたあめですが、昔のおもちゃとは違い、ふわふわのわたあめが作れる「わたあめメーカー」が本格的と話題です。材料は何?メーカーを選ぶときのポイントは?おすすめ5選と上手に作るコツをご紹介します。

2018年5月7日 更新

わたあめメーカー を使って上手に作るコツ

1. 予熱 製品毎の予熱時間に従い十分にあたためましょう。 2. ザラメを入れる 電源を一度切って、回転皿が止まったのを確認してから。 3. 電源を入れる 綿状の飴がもこもこと出てきますよ。 4. 割りばしで巻くようにすくい取る 巻き付けるようにして、わたあめに仕上げましょう。 5. 電源オフ・お手入れ 飴が出てこなくなったら完成です。 わたあめメーカーは砂糖や飴を熱風で綿状にするため、予熱は十分におこなうのがポイントですよ!

上手に作るコツ

わたあめをまるい形にするには、飴の巻き付け方がとっても大切です。最初は割りばしでボウルをぐるっと1周し、すくい取ります。その後は割りばしをボウルの上で水平にし、割りばし自体をくるくると回し続ければ、自然と大きくてまるい形のわたがしに仕上がりますよ。 回転皿の周りをボウルのなかでをぐるぐると回し続けてしまうとフランクフルトのような細いわたあめになってしまうので注意しましょう。

普段のおやつにも、パティーにも♪

ちょっと作ってみたくなりましたよね?わたあめづくりはコツをつかめば、プロ顔負けのふわふわ大きなものを作ることができますよ。 普段のおやつにお子さんと楽しみながら作るのもよし、パーティーのイベントとして用いるのも盛り上がりそうですよね♪ 飴玉で作れるものも多くありますので、いろいろな味を試してみるのもおもしろそうですよ。コーヒー味やのど飴も◎ぜひ挑戦してみてくださいね。
▼家族で楽しめるアイテムにはこんなものもありますよ!
3 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS