ライター : rieyutenji

フランスのアルプス地方在住24年。横浜出身の3子の母です。日本では編集部に勤務。渡仏後、執筆業に。でもデジタルな仕事には不慣れで、古い頭を掃除&改革中。フレッシュな気持ちと姿…もっとみる

アメリカの人気おすすめお菓子5選

1. アメリカ家庭の代表格「ブラウニー」

ITEM

トリプルチョコレートブラウニー 28個入り

アメリカ製 1袋42.5g

¥4,060〜 ※2019年12月12日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

小さいのに食べ応えがあり、手で持って食べられてケーキより便利!と発明されたという説。またある主婦がチョコレートケーキを作る際にベーキングパウダーを入れ忘れて出来たという説もあるブラウニー。3種のチョコを使った贅沢な味わいが人気。

2. 甘しょっぱさがたまらない「ピーナツバターカップ」

ITEM

ハーシー リーセス ピーナッツバターカップ×1袋(2個入り)

内容量 42.5g 原産国 ・アメリカ

¥580〜 ※2018年04月28日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

クリーミーなミルクチョコレートでコーティングされ、中にぎっしりと詰まっているピーナッツバターはジャリジャリとした歯触り。後味に塩味が残り、クリーミーで甘いのに塩辛い、そんな味わいが人気のチョコレート菓子。

3. とまらないおいしさ「ハニーローストピーナッツ」

ITEM

ミッドリーフ ハニーローストピーナッツ 226g

226g アメリカ製

¥540〜 ※2018年04月28日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

従来の塩味のピーナッツとは違い砂糖や蜂蜜で甘みをつけてローストしてあり、後を引くまろやかさ。しかも粒ぞろいの大粒ピーナツを使用。食べだしたらとまらない甘くておいしいナッツ。大人から子どもまで大人気のスナック菓子です。

4. チョコチップクッキーなら「サウサリート」

ITEM

ペパリッジファーム サウサリート(204g)

8枚入り

¥736〜 ※2018年04月28日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

アレルギーをもつ息子のために良い原料だけを使って作成したパンが評判を呼び、その流れで生まれたのがこのクッキー。ボリュームたっぷり。食べるとカリカリでザックザク。チョコ&ナッツ好きにはたまりません。

5. ピーナッツぎっしり。小腹が空いたら「スニッカーズ」

ITEM

スニッカーズ(12個入)

40g×12個

¥1,244〜 ※2018年04月28日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

普段のおやつはもちろん登山やアウトドアシーンの行動食、非常食としても活躍してくれる菓子。コンパクトで片手で手軽に食べられることから登山者やランナーにも大人気。ポケットにいつも忍ばせておきたいお菓子。

ヨーロッパの人気おすすめお菓子5選

6. イタリア・ミラノが発祥「パネトーネ」

ITEM

Bauducco パネトーネ(80g)

80g

¥198〜 ※2018年04月28日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

パネトーネは「大きいパン」という意味。卵黄とバターがたっぷりの生地にドライフルーツを混ぜ合わせ、しっとりと焼き上げられています。本来は家族で切り分けて食べるサイズですが、近年は本場イタリアでもひとり用のミニサイズが売られています。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS