一袋37円!コストコのレンジで作れる「ポップコーン」をおいしく食べる方法

コストコで人気のポップコーン。「おいしくて簡単!」とリピーターが多いのですが、最初は「食べきれるか心配」という方もいるのでは?そんな心配を解消するために、おいしく食べる作り方のポイントとアレンジレシピをご紹介します。

2019年5月31日 更新

電子レンジ用ポップコーンがお手軽!

Photo by mamhiroe

映画のおとも「ポップコーン」。おうちでDVDや録画した映画を見るときにも、できたてのポップコーンがあったらうれしいですよね。 今回はそんなときにぴったりなコストコの商品をご紹介します。レンジに1回かけるだけで、できたてのポップコーンができあがりますよ。 基本の作り方と、簡単アレンジレシピをご紹介します♪

コストコ「マイクロウェーブ ポップコーン」

Photo by mamhiroe

「KIRKLAND SIGNATURE 電子レンジ用ポップコーン」 1,628円(税込) 44袋(4.1kg)
コストコオリジナル商品、カークランドシグネチャーの「MICROWAVE POPCORN(マイクロウェーブポップコーン)」。レンジであっという間にポップコーンができることで人気の商品です。
原材料は、とうもろこし、パーム油、食塩、バター/香料、酸化防止剤(ビタミンC)。シンプルな材料だからこそ、ポップコーン本来の素朴な味わいが楽しめます。

一袋あたり、37円の高コスパ!

Photo by mamhiroe

4.1キロもある箱には44袋のポップコーンが入っています。それでいて、一箱1,628円。調べてみると……なんと一袋あたり37円!最高のコストパフォーマンスですね。

ポップコーンの作り方

1. レンジにセットする

Photo by mamhiroe

箱から一袋取り出して、ビニールを開けます。「This side up」と書かれた面を上にして、レンジ中央に置いてくださいね。

2. レンジで温める

Photo by mamhiroe

箱に書いてある作り方では、500Wで2分30秒とされています。筆者が使っているレンジだと、その時間だと半分ぐらいしか膨らみませんでした。 各家庭のレンジによって、温める時間は調節した方がよさそうですね。

3. 袋がふくらんだら完成!

Photo by mamhiroe

もう1分追加してみました。写真のようにパンパンになったら完成! 見極めるポイントは、袋の膨らみと音です。袋がいっぱいに膨らむこと、また「ポンッポンッ」というはじける音が、落ち着いてきたらできあがりのサインです。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS