7. 吸盤なら壁を傷つけずに賃貸でも

「キッチンが狭くてまな板スタンドを置く場所がない!」そんな時はこちらのアイデアがおすすめ。壁ぎわやタイル面に、吸盤のついたタオルハンガーを付けただけの収納方法です。まな板が倒れてくる心配もなく、コンパクトに収納ができますね。 壁を傷つけることがないので、賃貸のキッチンにもおすすめですよ。

8. 丸い形も転がらずに収納

立てかけ収納は取り出しやすさが大切。そしてサイズが合っていないと転がっていったり倒れたりするので、お家にあるまな板にぴったり合った収納グッズを選びましょう。濡れたまま置いてもOKなように、水受けがあるタイプがおすすめです。

9. ニトリのまな板スタンドでスリムな収納

ニトリのまな板収納は、包丁も保管しておくことができる便利グッズ。幅が狭いスペースでも、安定して立てて置くことができますよ。使うときにさっと取り出しやすいので、料理が頻繁なご家庭にはおすすめの収納方法です。

10. 壁掛け収納スペースを100均グッズでDIY!

100均の白いアイアンネットやS時フック、さらにまな板スタンドを組み合わせてDIY!安価でおしゃれな収納空間が、新たに誕生しました。穴を開けていないため、賃貸のキッチンでも簡単に作ることができますよ。

吊り戸棚収納アイデア5選

11. 吊り戸棚を利用してすっきり収納

吊り戸棚部分に専用の収納グッズを取り付けて、空中に浮いた収納スペースを増築。空気の通りがよいためカビがはえる心配も少なく、空中にあることで見た目も目立たずすっきりとしています。

12. 賃貸でも傷付けずに吊り棚利用

本来はマグカップを収納するグッズを、まな板をのせる収納スペースに再利用!収納グッズは吊り戸棚の中にひっかけるタイプや、底面に貼り付けるタイプなどさまざまな種類が販売されています。賃貸であればひっかけるように設置するタイプが、棚を傷付けることなく収納ができおすすめですよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS