1. 霜を除去する装置の不具合

冷蔵庫の下が濡れている場合に考えられるのが、霜を除去する装置が不具合を起こしてしまっていることです。多くの冷蔵庫には自動的に冷蔵庫内に発生した霜を除去してくれる装置がついています。これが壊れてしまうと水漏れの原因となってしまいます。

2. ドレンホースが詰まっている

冷蔵庫の内部が濡れていた場合には、ドレンホースが詰まってしまっていることが考えられます。ドレンホースが詰まっていると、水が逆流してしまい、冷蔵庫の内部が濡れます。ドレンホースからの水漏れが原因で冷蔵庫の外側まで濡れてしまうこともありますよ。

3. ドレンパンの汚れ

冷蔵庫の底や後ろ部分には水を受けるドレンパンというものが設置されています。このドレンパンに汚れが溜まると、水漏れを起こす原因ともなります。通常、ドレンパンに溜まった水は蒸発していきますが、水に汚れが溜まるとうまく蒸発できない場合もあります。 また、汚れが溜まっている以外にも、ドレンパンが正しい位置に設置されていない、ドレンパンが壊れているといったことも水漏れの原因になりかねません。

4. 製氷機の問題

冷蔵庫の下からも水漏れの原因として考えられるもののひとつが製氷機の不具合です。製氷機には水を補給する給水パイプがありますが、これがきちんと差し込まれていないと水が漏れてしまいます。 また、パイプそのものが詰まっている場合もあります。中で水が凍っていたり、カビが湧いていたりするとパイプの中で水が詰まってしまいます。

対処法は?

中身を取り出して電源を落とす

冷蔵庫内に霜が降りてきてしまっていたり、凍っていることが原因だとわかっている場合には、中身をすべて取り出して冷蔵庫内をキレイにした状態で3日ほど置いておきましょう。電源を抜いて、3日ほど置いておくと、冷蔵庫内の霜や氷を除去することができます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS