タンブラーとは?その特徴とおすすめのおしゃれタンブラー5選

オフィスでも街中でもよく見かけるタンブラー。コーヒーショップでも持っている人をよく見かけますよね。でも水筒やコップとの違いって何でしょう?今回は、その違いや、オフィスでも使えてプレゼントにもおすすめのおしゃれタンブラー5選をご紹介します!

2018年4月18日 更新

ライター : yoco*

「ていねいな暮らし」に憧れを持つ人たちに、役立つ情報を♪記事をとおして自分の成長にもつなげたい!

そもそも、タンブラーって何?

コーヒーショップでも、雑貨やさんでもよく見かけるタンブラー。オフィスでも使っている人が多いですよね。もともと、タンブラーは英語で「tumbler」と書かれます。タンブラーグラスというガラス製のコップのことを指しています。 その中でも現在の日本では、蓋がついているもの、ついていないものにかかわらず、こぼれにくい容器のことを「タンブラー」と呼んでいます。ある程度の保温性を持ったコップ、というイメージです。

では、水筒やグラスとの違いって何?

同じもの?まずは水筒との違いについて

水筒ってタンブラーとよく似ていますよね。水筒とタンブラーってどんな違いがあるのでしょうか? 大きな違いは気密性になります。こぼれやすいか、漏れやすいか、ということです。タンブラーも蓋がついているものもあるので、ある程度はこぼれたり、漏れたりすることを防げますが、水筒はほぼ完全に密封されているので、漏れることがありません。そのため、お出かけやスポーツのときには水筒を、何か1ヵ所で作業をしたり、コーヒーショップでドリンクを楽しみたいときはタンブラー、といった使い分けがおすすめです。

次はグラス・コップとの違いについて

グラスは英語のglassからきた言葉です。ガラス製のもので取っ手のついていないものがグラスと言われます。特徴としては、熱いものを入れると割れてしまうこともあるため、冷たいものを入れることが多いです。 次にコップですが、こちらはオランダ語のkopという言葉が由来。もともとは取っ手のついていない容器のことを指していましたが、現代の日本語では、取っ手の有無は関係無く、飲み物を入れる容器の全般をコップと呼んでいます。 タンブラーは後から入ってきた言葉ですが、グラスとは違って温かいものも入れることができて、コップよりは保存や持ち運びがしやすい、いいとこ取りの容器ですね。

タンブラーのおすすめの使い方は?

プラスチック製のタンブラーやステンレス製のタンブラーなど、素材はいろいろありますので、お好みや用途で選びましょう。例えば、プラスチック製のほうがデザインが多いので、デザイン重視のときはプラスチック製、保温性を重視したいときはステンレス製のように選んでみてくださいね。 タンブラーの用途ですが、基本的にはオフィスや自宅でお気に入りのドリンクを入れて、楽しめます。コーヒーショップにもよりますが、スターバックスやタリーズコーヒーなどでは、タンブラー持参で割引も受けることができますのでおすすめですよ!

自分用にもプレゼントにも!人気のおしゃれなタンブラー!おすすめ5選

1. 王道のタンブラー!スターバックス ロゴボトル

ITEM

STARBUCKS スターバックス スタバ タンブラー 食器 ロゴ タンブラー 食器 ロゴ ロゴボトル 355ml スターバックスカラーのボトル 水筒

サイズ:幅7.6×奥行7.6×高さ19cm

¥4,980〜 ※2018年4月17日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
王道のスターバックスのロゴが入ったタンブラーです。ブラックとグリーンのスターバックスカラーでシンプルなデザインですが、とってもおしゃれですよね。使う人の年代や、使う場所を選ばずに使えますのでプレゼントにしてもおすすめです。容量も355ml入ってちょうどいいサイズなので、タンブラー初心者にもおすすめです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS