食器棚の収納アイデア25選!簡単で今から実践できて嬉しい

食器棚の収納って本当に迷いますよね。お気に入りの食器や使わないけれど大事な食器を、うまく収納してスッキリ見せるための法則をあなたは持っていますか?隠す・見せるなどさまざまなテクニックを使っておしゃれで使いやすい収納例をご紹介していきます!

2018年4月10日 更新

17. 100円ショップの収納かごを使いこなして

収納の中に思うような収納が作れない場合は、収納かごを引き出しのように使うのも◎。大きいプレートは直径の分だけ場所を取り、収納がしずらいですよね。かごを手前にぐいっと引っ張るだけで取り出しやすいのでよく使う食器ほど重宝しそうです。

18. 飲む、とりわける、盛るのアクション別に収納

引き出しの中はよく見ると飲む、とりわける、盛るなどの用途別にきれいに整頓されています。色や形で統一するのはもちろんですが、用途別に収納することで取り出しやすさも工夫されていますよね。

19. 日常使いはひとまとめに収納!縦置きがコツ

大きな収納だからこそできる、大きいものを全て縦置きで収納する例です。上から見たときにどのお皿がどんなデザインかがはっきりわかり、使いやすさもかねそなえています。色やデザインで統一感を持たせているのもよいですね。

20. 用途別に引き出しを分けてわかりやすく

食器がおうちにたくさんあるファミリー世帯の方におすすめの収納例です。収納ボックスを使って、家族のお茶わんや、お椀などをひとかたまりに収納していくことで、しまいやすく使いやすい、それなのに統一感もあるスッキリした収納になります。

コップをきれいに収納するアイデア5選

プレゼントや旅の記念、引き出物やお子さんの用途に合わせて収納してしまうと、気づいたらたくさんあふれてしまうコップ。そんなコップをごちゃごちゃしない方法でうまく収納できる方法をご紹介していきますよ。

21. 「あれが足りない!」がなくなる「飲む」ことにフォーカスした収納例

ホットかアイス・お砂糖は必要か、などと「飲む」シーンに合わせて必要なものを同じ収納スペースにまとめた収納例です。こうすることで「あれがない!」とうっかりとした見落としがなくなり、急なお客さんにもすぐ対応できますよ。
4 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS