食器棚の収納アイデア25選!簡単で今から実践できて嬉しい

食器棚の収納って本当に迷いますよね。お気に入りの食器や使わないけれど大事な食器を、うまく収納してスッキリ見せるための法則をあなたは持っていますか?隠す・見せるなどさまざまなテクニックを使っておしゃれで使いやすい収納例をご紹介していきます!

2018年4月10日 更新

2. プレートなどの大きな食器は棚にINしてラクラク収納♪

プレートなどの大きな食器は、キレイに整頓して収納してしまうのが◎。かさばるものは隠しておきたいですよね。プレートは大きさや用途別にそろえて収納することで、よりすっきり収納できます。

3. お気に入りのボックスで用途別に隠しちゃおう

全部カゴバック、全部プラスチックも統一感があって素敵ですが、用途別にお気に入りの箱を用意するのも◎。真ん中に引き締まった黒を入れ、周囲を木や竹素材でぐるりと囲むことで引きしまった印象にもなります。

4. よく使うものは見せ、使わないものは隠す

あまり使わないものを隠して収納することで、ごちゃごちゃした食器棚がすっきりまとまります。お気に入りのマグカップや、ソーサー、シンプルなプレートをまとめて整頓しておくことですっきりした印象に。隠すと見せるを両方活かすことで使いやすいダイニングになります。

5. 100円ショップで取っ手付き収納を手に入れて

食器棚の中は、高い場所にも手が届く取っ手つきの収納ボックスで統一。隠した食器棚の中も手を抜かないで統一感を持った収納を心掛けることで、どこに何があるかがすぐわかり、すっきり収納することができます。

見せる収納アイデア5選

見せる収納はいかに整頓できるか!がポイント。食器の用途や素材、大きさなどに注目して統一感のある収納を心掛けていきましょう。これであなたも収納美人に♪

6. 日常使いのプレートを目線の高さに

大きな食器棚が置けない方におすすめの収納です。壁付けの収納にひとつひとつ丁寧にプレートが並べられています。大人が立った時の目線の高さで収納することでおしゃれかつ、実用的なダイニングに大変身します。
2 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS