食器棚の収納アイデア25選!簡単で今から実践できて嬉しい

食器棚の収納って本当に迷いますよね。お気に入りの食器や使わないけれど大事な食器を、うまく収納してスッキリ見せるための法則をあなたは持っていますか?隠す・見せるなどさまざまなテクニックを使っておしゃれで使いやすい収納例をご紹介していきます!

2018年4月10日 更新

食器棚収納のポイント

あなたは見せる派?隠す派?

食器棚の収納法には大きく分けてふたつの方法があります。ひとつ目はあえて整頓された食器棚を見せることで、お部屋をすっきり見せる方法。そしてもうひとつは扉などの目隠しをして収納の中にきれいに整頓する方法です。

お部屋全体をカフェ風にかわいく見せたいあなたには「見せる方法」を、とにかく生活感を出したくない!そんなあなたには「隠す方法」がおすすめですよ♪

どちらの方法にも使える鉄則「使わない食器を奥に」

見せる派のあなたも、隠す派のあなたも、どちらの方法にも使える鉄則があります。それは「使わないものほど奥へ奥へ収納」すること。掃除もお料理も、どんな家事でもとっても大事なのは「動線」ですよね。

よく使う食器を手前に出すことで、非常にキッチン周りの動線がスムーズになります。動線がスムーズになると、自然とお部屋が片付くようになりますよ♪

統一感を大切に♪色でまとめよう

何かひとつのテーマをもとに、統一感を持たせるとお部屋がすっきりします。形、素材、色、使用目的などそのテーマはさまざまですが、食器棚でおすすめしたいのは「色」。

暖色系や寒色系などの同じ系統で統一し、食器棚をまとめると、棚の中がすっきりして見えますよ。
1 / 8

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

koku_koku

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう