ライター : pom

料理を作ることも食べることも大好きなpomです。毎日の食事は簡単にできるお手軽料理がメインです。休日や時間があるときには、友人と一緒にちょっと凝った料理を作るのも楽しみのひと…もっとみる

カラーボックスをリメイク!食器棚として活用するには?

まずはカラーボックスを選ぶ

カラーボックスを使って食器棚を作るときには、まず元となるカラーボックスを選ぶところからはじめてみましょう。カラーボックスはすでに持っているのものでも、新しく買うものでも構いませんが、どんな食器棚にしたかイメージしてから選ぶとよいでしょう。 置く場所の雰囲気に合わせて色を決めておくのも重要です。カラーボックスに塗装をして好きな色にすることもできますが、手間がかかってしまうため、先にある程度希望の色に近いカラーボックスを手に入れておくとよいでしょう。

食器棚として使うときの注意点

基本的にはどんなカラーボックスでも食器棚にすることができます。しかし、食器棚としてリメイクするために注意しておいた方が良い点もあるので確認しましょう。 ます、重たい食器を置くことも考えてある程度強度のあるものを選ぶとよいです。あまりに低価格なものだと強度に不安が残ることもあります。また、リメイクするときのことを考えて、リメイクしやすい汎用的な大きさやメーカーのものを選ぶといったことも大切です。

具体的にどんな方法がある?

カーテンをつける

カラーボックスを食器棚にするリメイク法のひとつとしてカーテンをつけるというものがあります。カーテンをつけることで目隠しになるので、ごちゃごちゃとした棚の中を見せたくないという方にはおすすめです。 カーテンをつけるためには、小さいつっぱり棒を使ったり、テープやステープラーで直接つけたりといった手段があります。

扉を付ける

カラーボックスには、カラーボックス専用でつけられる扉をつけることができます。カラーボックスの一般的なサイズであればつけられる扉が多いです。しかし、大きさが通常のものと異なる場合、カラーボックス専用の扉であってもつけれれないこともあるので注意してください。 扉以外にもカラーボックスサイズのさまざまなリメイクグッズが販売されているので、そういったものを使いたい人は大きさにも気をつけましょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS