ライター : soleil

レトロでかわいい食べ物が大好きです♪ パンケーキよりもホットケーキ。 好きなパンはコッペパン。 日課のお弁当作りでは、ずいぶん前からアルマイトのお弁当箱を愛用しています! 食生…もっとみる

鉄のフライパンは手入れが命!

鉄のフライパンというと、プロの料理人であれば必ず使っている、そして本格的な料理が作れる、というイメージがありませんか?その一方で、焦げ付きやすかったり、くっつきやすかったりと、使いやすいイメージはあまりないのかもしれません。 しかしながら、お手入れや使い方さえ守れば一生もののアイテムになる優れものなのですよ。

まずは焼き込み(空焼き)を

新品の鉄製フライパンには、鉄が錆びるのを防ぐために、アクリル樹脂などがコーティングされています。そのまま使っても害はありませんが、これだと焦げやサビが付きやすくなってしまうんです。このコーティングを取り除くために、空焼きを行います。

使い始めが肝心!油ならしの方法

油ならしとは、フライパンに油をなじませる作業をいいます。新品の鉄製フライパンは、そのまま使うとお肉などの食材がぴったりくっついてしまいます。それを防ぐために、この油ならしは必須の作業なのです。

用意するもの

たっぷりのサラダ油の他、ふきんやキッチンペーパーが必要です。また、油ならしに使った油は料理などに使えるので、オイルポットがあると便利ですよ。

手順

1. フライパンを洗う 台所用洗剤でフライパンを洗い、水気をしっかりふき取ります。 2. 油をひいて加熱する 水気をよくふいたフライパンに、サラダ油をたっぷり全体に行き渡るように注ぎ、弱火から中火にかけます。 3. 繰り返す 充分に加熱し、煙が出てきたら、再び1の行程に戻り繰り返します。その行程を7、8回繰り返します。こうすることで、フライパンに油の被膜がつくられます。

使い終わったら?普段のお手入れ方法

※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS