市販で売られている味噌のおすすめ16選!種類や選び方も要確認

ずらりと並んだお味噌を前に、どのお味噌がいいのか迷ってしまうことはありませんか?色の違いはなぜなのか、味はどう違うのか、自分の好みに合ったお味噌はどれなのか?知っているようで、知らなかったお味噌の違いとおすすめのお味噌をご紹介します。

2019年9月19日 更新

14. お米と麦の合わせワザ「フンドーキン 生きてる無添加あわせ白」

九州は大分の「フンドーキン 生きてる無添加あわせ白」、米麴と麦麹の両方をぜいたくに使った多麹味噌です。じっくりと低温で熟成したその味は、やさしい甘さで風味が豊か。甘みと旨みのバランスがいいので、シンプルに味わうのがおすすめです。

15. ギフトにも◎「山内本店 無添加 まぼろしの味噌 米麦あわせ(箱入)」

味噌造り50年の「名工」が、国産原料のみを使って仕込んだ逸品。熊本の隠れた名品です。口に含むと香ばしさがあふれ、お味噌の甘さとまろやかなコクを堪能できます。お味噌汁で食べると、よりお味噌のコクが味わえます♪箱入りなので、ギフトにもおすすめ。

16. 塩分が気になる人に「マルコメ 丸の内タニタ食堂の減塩味噌」

ITEM

マルコメ 丸の内タニタ食堂の減塩味噌

内容量:650g

¥458 ※2019年9月19日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ヘルシーメニューで有名なタニタ食堂と共同開発したのが、このお味噌。お米の倍量の麹を惜しみなく使った「丸の内タニタ食堂の減塩味噌」は、通常の物より塩分を20%ほどカットしています。麹の甘みや豊かなコクで、満足感たっぷりの味わいを実現。健康に気を配っている方におすすめです。

お味噌を上手に使い分けよう!

お味噌は万能調味料。お味噌を使ったお料理は、お味噌汁が代表的なものですが、それ以外にも味噌炒めや味噌焼き、味噌漬けや麻婆豆腐などなど、さまざまなお料理に活用できます。

ずらりとお味噌が並んだ売り場に行くと、気になる商品があっても、買うのを諦めてしまうことはありませんか?でも、お味噌の特徴が分かれば、違いがわからず諦めてしまうことはなくなります。

いろいろなお味噌を使い分けることで、お料理の幅もぐんと広がります。お味だってグレードアップ◎。きっと新しい境地が開けますよ。もっと気軽にお味噌を使い分けて、毎日のお料理にお役立てくださいね♪
▼味噌の仲間はまだまだたくさん!
4 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

yuco_1111

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう