人気おすすめ包丁ケース12選!便利な鞘タイプや安全のハードケースまで

お料理教室に包丁を持っていきたいけれど、どうやって運べばいい?キャンプなどでも、包丁を持ち運ぶのに困った経験はありませんか?包丁ケースには手軽に1本から運べるカジュアルなものから本格的なものまでさまざま!おすすめ12選をご紹介します。

2018年4月10日 更新

持ち運びやすさ

鞘タイプや布巻きタイプはケース自体にはさほど重さはありませんが、ハードケースタイプは重さがあるものもあります。持ち運ぶ際の移動手段のことも考えて選びましょう。車移動がメインになる方はハードケースでも問題ありませんね。

アウトドアに!鞘タイプのおすすめ4選

1. アウトドア用品なら!「キャプテンスタッグ 安全包丁用サヤ」

アウトドア用品が揃うキャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)のアイテム。アウトドアで使うことが想定されていて、通気性のいい作りなのもうれしいですね。包丁を収めた後は、刃元を止めることができ、ずれ落ちる心配もありません。

2. 新素材◎「ナイロン包丁ケース 小」

とっても丈夫なナイロンが採用されていて、耐水性や耐久性に優れている包丁ケースです。安心の日本製で、内側は人工皮革とこちらも満足な内容。アウトドアや釣りに行かれる方におすすめのアイテムですよ。

3. かわいいカラー♪「メッサーマイスター エッジガード」

アメリカの包丁・キッチンツールブランド「メッサーマイスター」の包丁カバー。豊富なサイズ展開とおしゃれでかわいいカラーが特徴です。とっても軽くて丈夫、お料理教室に通われる方にもおすすめですよ。

4. ピタッとくっつく「ビスベル マグネットブレードカバー」

イギリスのマグネット製品専門メーカーのアイテムです。包丁がケースにピタッとくっつくのでずり落ちたり、抜けてしまう心配がありません。セラミックなど磁石にくっつかないものでは効果を発揮できないので注意してくださいね。

コンパクトに収納!布巻タイプのおすすめ4選

5. カラーも豊富「包丁ケース 布巻き」

選べるカラーがとっても豊富な布巻タイプの包丁ケース。こちらは最大6本の鞘に入れた包丁を軽くコンパクトに運べます。鞄の中にも入れられるのがうれしいですね。布製なので、いつでも清潔な状態を保つことができて衛生的です。
2 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう