人気おすすめ包丁ケース12選!便利な鞘タイプや安全のハードケースまで

お料理教室に包丁を持っていきたいけれど、どうやって運べばいい?キャンプなどでも、包丁を持ち運ぶのに困った経験はありませんか?包丁ケースには手軽に1本から運べるカジュアルなものから本格的なものまでさまざま!おすすめ12選をご紹介します。

2018年4月10日 更新

6. かばんもセット「包丁バッグ布巻きセット」

バッグと布巻きのセットです。鞄に入れるというよりは、このまま持つタイプで、ハードケースよりカジュアルなイメージでしょうか。包丁は5本入れることができ、帆布と牛革製で大変丈夫な作りでなので長く使うことができますよ。

7. 他にもいろいろ入る「テンマクデザイン ロールケース」

こちらは、鞘に入れた包丁だけでなく、菜箸やピーラーなどの調理グッズやカトラリーを持ち運ぶことを想定された作りのロールケースです。キャンプなどのアウトドアで使われる方におすすめのアイテムですよ。

8. 丈夫な帆布製「藤次郎 F-359 帆布ナイフポケット 包丁ケース」

プロも愛用する「藤次郎Tojiro」の巻くタイプの包丁ケース。シンプルながら大変丈夫な帆布製で、作りもしっかりとしていて安心感のあるひと品ですよ。価格が低めなのも人気の理由です。

プロも使える!ハードケースのおすすめ4選

9. キレイなブルー♪「藤次郎 F-353 アタッシュケース 小」

プロも使う「藤次郎Tojiro」の包丁アタッシュケース。牛刀刃渡り270mmまでが入り、包丁は4本収納することができます。予備スペースも確保されていますよ。中はキレイな淡いブルーの配色なので女性にもおすすめ。

10. 学校でも採用「包丁収納アタッシュケース 和洋包丁用」

和包丁洋包丁を3本ずつ収納できるハードケース。調理に必要なスタンダードなセットが入るので、調理学校でも採用されているのだとか。アウトドアでも本格的に包丁を使い分けたい方にもおすすめですよ。

11. アルミ製「和・洋包丁兼用 包丁ケース」

軽いながら強度の強いジュラルミン製の包丁ケースです。仕切りがなく、鞘でカバーした包丁を入れてバンドで止めるタイプになります。鍵付きでセキュリティ面でも安心、コンパクトに複数本を安全に持ち歩きたい方におすすめ!
3 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう