6. コシヒカリと初星のいいところ取り「宮城県産 ひとめぼれ」

ITEM

宮城県 登米市産 特別栽培米 白米 ひとめぼれ 平成29年産

重量:5kg

¥2,062 ※2018年04月04日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

宮城県で生まれた品種である「ひとめぼれ」は、コシヒカリと初星の交配により誕生しました。全国各地で栽培されているひとめぼれですが、やはり誕生した宮城をはじめ、東北地方産のお米の評価が高いですね。味、香り、粘り、硬さ、お米のどの評価項目でも高評価で、トータルですばらしいお米といえます。

7. 東西の銘柄のかけ合わせ「熊本県産 森のくまさん」

ITEM

熊本県産森のくまさん 平成29年産

重量:5kg

¥4,063 ※2018年04月04日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

熊本県産の「森のくまさん」は、コシヒカリとヒノヒカリのかけ合わせで誕生しました。お米の粒がスリムでちょっと小粒なのが特徴です。過去に米の食味ランキング1位に輝いた際は売り切れが続出し、もっとも食べてみたいお米といわれたほど。バランスのいい味のお米です。

8. お米マイスターが作る「佐賀県産 さがびより」

ITEM

佐賀県産 白米 さがびより 平成29年産

重量:5kg

¥2,132 ※2018年04月04日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

「さがびより」はその名のとおり、佐賀県で生まれたお米の品種です。佐賀は九州の温暖な気候ですが、さらにお米の優秀な生産者が「さがびより米スター」として徹底的に管理して生産されています。大粒でつやのあるもっちりとしたお米で、おにぎりに向いているといわれています。

9. 西で開発されたお米「岡山県産 きぬむすめ」

ITEM

新米 令和2年産 5kg きぬむすめ 岡山県産(5kg×1袋)お米

重量:5kg

¥4,099 ※2018年04月04日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

「きぬむすめ」は九州で誕生したお米の銘柄です。温暖な気候で育ちやすいよう、関東から四国まで、幅広い地域のお米として作られました。岡山県は日照時間の長い「晴れの国」。まさに温暖な地域で栽培することを目的としたきぬむすめの栽培にピッタリの地域です。お米は粘りが強く、やわらかめです。

極上のお米を食べてみよう

全国的に有名なブランド米もあれば、あまり知られていない隠れたおいしいお米もあったかと思います。

平成29年度のランキングでは、なんとあの魚沼産コシヒカリが特Aから陥落するという驚きがありました。それは、ほかの銘柄が努力を重ね、どんどんよくなってきているということ。全国にはたくさんのおいしいお米があるので、ちょっとずつ試してみたいですね。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ