哺乳瓶

赤ちゃんが使用する哺乳瓶の消毒は「煮沸消毒」をするのが一般的です。 まず、哺乳分を分解し、食器用洗剤を使ってよく洗いましょう。お鍋に哺乳瓶が隠れるくらい水をたっぷりと入れて、5分ほど煮沸消毒します。ただし、乳首とプラスチックの部分は3分くらい煮沸したら清潔なトングなどで使用し、取り出しましょう。 哺乳瓶の消毒に関しては煮沸消毒のほかにも、専用の消毒液に漬けたり、哺乳瓶専用の容器を使って電子レンジで加熱して消毒することも可能です。忙しい方にはこちらの方法もおすすめ♪

鍋に入らない瓶の消毒方法

Photo by Ricca_ricca

お鍋に入らないくらい大きな保存容器の場合は、アルコール除菌スプレーを使った消毒方法がおすすめです。スプレーして拭き取るだけなのでとっても簡単!作り置きをする際にたくさん容器が必要という場合や、瓶詰めする場合などにも覚えておくと便利ですよ。

使う道具

Photo by Ricca_ricca

・保存瓶 ・アルコールスプレー ・キッチンペーパー

やり方

1. 保存容器を洗う

Photo by Ricca_ricca

保存容器を食器用洗剤でキレイに洗い、水分をキッチンペーパーでしっかりと拭き取ります。

2. アルコール除菌スプレーをする

Photo by Ricca_ricca

アルコール除菌スプレーを内側2回・外側1回程度吹きかけ、内側から外側にかけてキッチンペーパーで拭き取ればアルコール除菌の完了です。

コツを知れば保存容器の除菌はとっても簡単♪

保存瓶の煮沸消毒の方法についてご紹介しました。コツさえ分かれば、意外と簡単にできそうですね!ほかにも、お弁当箱や保存用タッパーウェアなどのプラスチック製品や哺乳瓶、お鍋に入らないくらいの大きめの保存瓶の消毒の方法も併せてまとめてみました。 食材を鮮度よく、おいしく保存するためには清潔が第一!ぜひ今回ご紹介した方法で、清潔に煮沸消毒してからご使用くださいね。これでもう作り置きも怖くありませんよ♪
▼賢く保存して上手に活用しよう♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS