目線より低い位置のお皿収納アイデア

重たい&大きなお皿は、目線より下に収納するのがおすすめです。フライパンやお鍋、調味料なども収納することが多いので、できるだけ省スペースで収納しましょう。

ディッシュスタンドを使った引き出し収納

目線より下に収納する場合は、ディッシュスタンドが大活躍。上から取り出すことができるので、出し入れがとっても楽になりますよ。傷つけたくないお皿の収納にもおすすめです。

ラックを使った組み合わせ収納

ラックを使うことで、大容量の収納スペースに。普段なかなか使わないお皿や行事用のお皿の収納にもおすすめです。

ボックスに入れたカテゴリ分け収納

ボックスにカテゴリ分けして収納することで、必要な物をひと目で見つけることができますよ。お皿のサイズに合わせてカテゴライズすると、よりたくさんのお皿を収納できます。

使うものだけ小分け収納

デイリーに使うアイテムをひとまとめに収納することで、使い勝手のいいキッチンに早変わりです。一度に取り出しやすい収納になっているので、家事動線の確保にもピッタリです。

余裕のある容量で重ね置き収納

毎日使うお皿は決まっている・同じ種類のお皿をたくさん持っている、という方におすすめの収納方法です。余裕のある分量に設定することで、きれいに納めることができますよ。持ちすぎ防止にもピッタリな収納方法です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS