贈って喜ばれるワインをプレゼント♪おすすめ銘柄12選

特別な日に人に贈るプレゼントはいろいろありますが、お酒が好きな方に贈るのであればワインがおすすめです。特別な日だからこそ、めったに飲むことのないようないいワインを贈ってみては?プレゼントの演出に最適なラッピングアイデアもあわせて紹介します。

2018年11月8日 更新

ワインをプレゼントするときのコツ

相手の好みに合わせて選ぶ

ワインはプレゼントとしては定番ですが、だからこそ、どんなものを贈ってもいいというわけではありません。贈る方の好みに合わせた選び方で喜んでもらいましょう!

単純にお酒が好きで、ワインに特に詳しいわけではないという方には、赤か白か、またスパークリングワインか、大まかなくくりから選択してもいいでしょう。ワインが好きといっても、赤は好きでも白は苦手、という方もいるので、そのあたりの配慮も必要ですね。

ワインが特に好きだという方には、ボルドーやブルゴーニュなど、産地によって選ぶのもいいですね。事前に好みを聞いておくというのもひとつの手です。

ヴィンテージにも注目

プレゼントするためのワインなので、ヴィンテージワインにも注目してみましょう。「ヴィンテージ」とは、ワインに使用するぶどうの年のこと。ぶどうは収穫年の気象条件などによって良し悪しが異なります。

ぶどうのできがいい年のワインは評価も高く、当たり年は「ヴィンテージ・イヤー」と呼ばれます。いいぶどうが収穫できた年のワインを贈るといいでしょう。

また、一般的に「ヴィンテージワイン」とは長い年月をかけて熟成されたワインを指します。新しいものではなく、10年以上経ったワインを贈るのもいいですね。

おしゃれなラベルのものを選ぶ

ワインは銘柄によってラベルが異なります。特にワイン好きの方に多いのが、このラベルをコレクションするというもの。ラベルは「エチケット」と呼ばれます。

ラベルのコレクターでなくても、ワインのラベルがおしゃれだともらってうれしいですよね。プレゼントするとき見栄えもよく華やかなので、ちょっと変わったおしゃれなラベルのワインを贈るのがおすすめですよ。

ワインにあまり詳しくない方に贈る、また自分もそれほど詳しくない、という方は、思い切ってラベルの好みでジャケ買いするというのも、ワイン選びのひとつのいい方法です。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう