日本酒の種類が気になる!違い知ってお気に入りを見つけよう

日本酒は大きく分けて醸造酒・純米酒の2つがあります。日本酒は凍らせて飲む「みぞれ酒」から温めて飲む「熱燗」まで飲み方も様々ありとても奥が深いお酒です。種類を知っておくと、お気に入りを見つけるヒントになりますのでぜひチェックしてみてください

2018年3月30日 更新

本醸造酒

日本酒の中でもお手頃価格でGETすることができるのが本醸造酒です。 お味は純米酒に近い、すっきり爽やかな辛口のお味が特徴です。オンザロックで、キンキンに冷やして飲んだり熱燗でまったり、と一年中楽しむことができるお酒です。 バランスのよいお酒なので、毎日の晩酌にもピッタリです。

味や香りを4分類!「燻酒」「爽酒」「醸酒」「熟酒」

日本酒の4タイプとは?

日本酒は、燻酒」「爽酒」「醸酒」「熟酒」の4タイプに分類することができます。 大吟醸などのフルーティーな香りが楽しめる「燻酒」 本醸造酒などのスッキリ爽やかな辛口の「爽酒」 純米酒系のコクと香りが楽しめる「熟酒」 古酒や熟成酒など濃厚な香りとコクを楽しめる「醇酒」 お料理やシーンに合わせて選ぶのもおすすめです。

初心者におすすめなのは?

日本酒は初めて、という方におすすめなのは大吟醸酒です。フルーティーな香りでとても飲みやすいと今とても人気の日本酒です。新酒・しぼりたての日本酒はさらに爽やかで飲みやすいので、初めての日本酒にぴったりですよ。 そろそろステップアップ、という方はぜひ辛口の本醸造酒もおすすめです。ラベルに日本酒度という記載がありますが、その数字が高いほど辛口になります。日本酒独特のキリっとした後味は、まさに大人の味。 日本酒にも旬がありますので、そちらもチェックして購入するのもおすすめです。新酒・ひやおろしなどのラベルが目に入ったら要チェックですよ。

お気に入りを見つけて日本酒を楽しもう♪

初心者にはハードルが高い、と嫌煙されがちな日本酒ですが、奥が深く飲み始めるとハマってしまう方が続出するお酒なんです。 産地によってもお味が変わり、季節によって熱燗や冷酒・みぞれ酒などいろいろな飲み方を楽しめるのも日本酒の魅力のひとつ。 小さい瓶の飲み比べセットなども販売されているので、お気に入りの日本酒を探すのもおすすめ。ラベルには製造方法などが記載されており、お気に入りを見つけるヒントになるので要チェックです。 ぜひ一度手に取ってみてくださいね。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS