長く使えるアルミお弁当箱の特徴は?軽くて丈夫でお手入れも楽チン

ランチタイムを楽しくしてくれるお弁当箱。デザインだけでなく使われている素材もさまざまですよね。昔からお弁当箱の定番として使われている、アルミで作られたお弁当箱をご紹介します。メリットや選び方、おすすめ商品もチェックしましょう♪

2018年3月13日 更新

3. ママもほっこりするキティちゃんのお弁当箱

お弁当作りをしているママさんにもファンが多い、キティちゃんのお弁当箱です。少々大きめの370ml容量。お弁当箱の半分には、お茶碗約0.9杯分(1杯=200ml換算)が入ります。おかずをしっかり詰められるポリプロピレンの中子入り。ランチベルトは、キティちゃんのイラストとよく合う赤色です。
【仕様】
■サイズ:幅13.4×奥行9.7×高さ4.2(cm)
■容量:370ml
■材質:フタ=アルミニウム板厚0.7mm(アルマイト加工)・中子=ポリプロピレン
■備考:日本製
■価格:2,160円

4. 機能性抜群!子供も使いやすいお弁当箱

シンプルなデザインだけに、長く使い続けることができるお弁当箱です。自立型で、子どもが使いやすいようにふたにくぼみが付けてあり、ランチベルトの付け外しも楽チンです。パッキンが付きで汁がこぼれるのを防ぐ働きもあり。一枚のアルミ板から深絞り加工で作られている、老舗アルミ会社の商品です。
【仕様】
■サイズ:約14.44×10.22×4.5(cm)
■容量:約320ml
■材質:アルミニウム、シリコンゴム(パッキン)
■カラー:ブルー・ピンク・シルバー
■備考:仕切り、ランチベルト
■価格:2,808円

5. 雲を見てリラックス!KEYUCA(ケユカ) の弁当箱

空をテーマにした、楽しい気持ちになるお弁当箱です。ブルーとピンクの2色展開なところもうれしいポイント。お弁当箱の中にはポリプロピレンの中子がついているので、仕切りも楽チンです。容量は370ml。子どもはもちろん、大人用のおかず入れとしても使える、かわいいお弁当箱です。
【仕様】
■サイズ:9.7×13.4×4.2(cm)
■容量:370ml
■材質:中子=ポリプロピレン(耐熱温度=140℃ 耐冷温度=-20℃)/本体・ふた=アルミニウム/ランチベルト=天然ゴム
■カラー:ブルー、ピンク
■備考:本体・日本製
■価格:1,620 円

大人も満足。たっぷりはいるアルミ製お弁当箱5選

6. ほっこりするデザイン!大人かわいいお弁当箱

ランチタイムにほっこりできるお弁当箱です。ふたのデザインはシルクスクリーンでプリント。細かなところまで描かれていますが、落ちにくい特徴があります。450mlの丈夫で軽いお弁当箱は、年齢を問わず長く使うことができますよ。デザインはほかに、栗・ベリー・樹木・たんぽぽ・土筆・小桜などがあります。
【仕様】
■容量:450ml
■材質:アルミ
■カラー:ゴールド
■価格:2,484円
5 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう