長く使えるアルミお弁当箱の特徴は?軽くて丈夫でお手入れも楽チン

ランチタイムを楽しくしてくれるお弁当箱。デザインだけでなく使われている素材もさまざまですよね。昔からお弁当箱の定番として使われている、アルミで作られたお弁当箱をご紹介します。メリットや選び方、おすすめ商品もチェックしましょう♪

2018年3月13日 更新

軽くて丈夫

アルミ製お弁当箱の最大の特徴が、軽くて丈夫なこと。お弁当箱自体が軽いので、ごはんやおかずをたっぷり入れても持ち運びが楽チン。小さな子供が持つ場合も、さほど重さが気になりません。そして、落としたりぶつけたりしても割れる心配がないので安心です♪

アルミ自体は変形しやすい素材ですが、お弁当箱は表面に酸化膜をつくるアルマイト加工がされています。アルマイト加工はプラスチックに比べ傷が付きにくく、腐食を防ぐ働きがあり、サビの心配もありません。強度がアップするメリットもあります。

清潔を保ちやすい

清潔を保ちやすいことも、アルミ製お弁当箱のメリットです。汚れが落としやすく傷が付きにくいので、雑菌の繁殖が少ないと言われています。

また、ゴムパッキンが付いていないものが多いこともポイント。お弁当箱のパッキンは、こまめに洗わないと雑菌が繁殖しやすい場所です。パッキンの汚れやカビを気にしなくていいことも、アルミ製お弁当箱の魅力のひとつ◎。

アルミのお弁当箱。こんなときはどうしてる?

ご飯がくっつきやすい

アルミ製お弁当箱で気になることのひとつに、ご飯がお弁当箱にくっつきやすい、ということがあります。お弁当を食べる時、ご飯粒がなかなか取れなくてイライラ、なんてことはありませんか?

解決法は簡単。ご飯を入れる前に、バターやマーガリン、サラダ油などを薄く塗るだけです。たっぷり塗ってしまうとご飯のおいしさが半減してしまうので、ぎとぎとにならないよう薄く塗ることがポイントです。
2 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう