長く使えるアルミお弁当箱の特徴は?軽くて丈夫でお手入れも楽チン

ランチタイムを楽しくしてくれるお弁当箱。デザインだけでなく使われている素材もさまざまですよね。昔からお弁当箱の定番として使われている、アルミで作られたお弁当箱をご紹介します。メリットや選び方、おすすめ商品もチェックしましょう♪

2018年3月13日 更新

アルミのお弁当箱。こんなときはどうしてる?

ご飯がくっつきやすい

アルミ製お弁当箱で気になることのひとつに、ご飯がお弁当箱にくっつきやすい、ということがあります。お弁当を食べる時、ご飯粒がなかなか取れなくてイライラ、なんてことはありませんか? 解決法は簡単。ご飯を入れる前に、バターやマーガリン、サラダ油などを薄く塗るだけです。たっぷり塗ってしまうとご飯のおいしさが半減してしまうので、ぎとぎとにならないよう薄く塗ることがポイントです。

汁がこぼれる

パッキンがないこともアルミ製お弁当箱の特徴ですが、汁こぼれが気になる場合、パッキンや内ぶたがついているアルミ製お弁当箱がおすすめです。 また、アルミ製お弁当箱用のパッキンも販売されているので、パッキンが付いていないお弁当箱の場合は、こちらを使ってみてはいかがでしょう。パッキンを付けて、さらにランチベルトをすれば安定感がアップします。ほかにお弁当箱にクリップが付いているアルミ製お弁当箱もあるので用途に合ったものを選んでくださいね♪

梅干しは入れてもOK?

結論から言えば、アルミ製お弁当箱に梅干しを入れても問題ありません。アルミは酸に弱い素材ですが、アルミ製お弁当箱にはしっかりアルマイト加工がされているので、梅干しなどの酸を含む食材を入れても問題なし。 以前はアルミ製お弁当箱に梅干しを入れると腐食してしまう、ということもありましたが、現在販売されているアルミ製お弁当箱は安心して使うことができますよ。

アルミ製お弁当箱の選び方

サイズ

お弁当箱選びで意外と難しいのがサイズ選びです。大きすぎるお弁当箱にたっぷり詰めても残してしまいますし、小さすぎるとお腹がいっぱいにならず、栄養不足になることも考えられます。 目安となるのが、1日の活動量とカロリー。デスクワークの人と外を歩き回るお仕事の人では活動量が異なり、エネルギー消費に差があります。一日の活動量や消費カロリーなども考慮すると、どのサイズが適しているのかわかりやすいですよ。大人の女性は600mlのお弁当箱が目安と言われています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS