保温できるお弁当箱のおすすめ10選!スープジャーも一緒にチェック

お楽しみのランチタイム。今回は、寒い冬でもほっこり温まることができる保温弁当箱をご紹介します。たっぷり入るランチジャー・おしゃれな丼もの用・保冷機能も付いてるスープジャー。どれもキュートで機能性が高いので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

どれにする?保温弁当箱の種類と特徴

ランチジャーのメリット

ランチジャーは、汁物・ご飯・おかずの容器をまるごと保温容器に詰め込んだお弁当箱です。おかずや汁物が、温かいままキープできるのが特徴のひとつ!生のサラダやフルーツなど、冷たくキープしておきたい食材は、保温しないような容器もありますよ。それぞれのメーカーや商品のメリットをチェックしてからの購入がおすすめです♪

3~4段の縦長タイプが多いので、かさばるところが欠点。ランチジャーは、男性や外仕事の多い方におすすめです◎。

丼もの用のメリット

丼もの用は、本体の保温容器とおかずの容器の2段で構成され、たコンパクトなお弁当箱です。温かいご飯やパスタ、チャーハンなどを、ランチタイムまで保温することができます。ハンバーグや八宝菜など、お好みのおかずを容器に詰め込めば、簡単にオリジナルの丼ぶりのできあがりです。

食べる直前にご飯にかけるので、カレーやシチューなどの汁気があるおかずにも対応していますよ。コンパクトな大きさなので、バッグにも収まりやすいのが人気です。男女問わず、幅広い世代の方に使っていただけるお弁当箱になっています。

スープジャーのメリット

スープジャーは、スープやお味噌汁などの汁物が保温できるお弁当箱です。水筒のような造りなので、バッグに入れてもかさばるようなことがないのが特徴。いつものお弁当箱にプラスして、ワンランク上のランチタイムを楽しむことができますよ。

保温性と機密性が高いので、肌寒くなる秋頃から春先まで大活躍するでしょう。学生さんから大人まで幅広く使っていただける、おしゃれなデザインも人気です。

ランチジャータイプの保温弁当箱4選

1. ランチに温かいご飯とスープを「サーモス ランチジャー」

ご飯がたっぷり入る男性向けのお弁当箱です。食べ盛りのお子さまがいるご家庭や、外仕事をするような方にぴったり!お弁当箱は便利なショルダー付きなので、持ち運びも楽にすることができます。付属の容器は電子レンジでも使用可能で、万が一冷めたときでも温め直しができるところも◎。全ての素材が丸洗いできるので、汚れたときも安心です。
【仕様】
■サイズ:幅16×奥行13.5×高さ23cm(本体)19.5cm(箸)
■容量:0.4L(おかず容器)・0.75L(ご飯容器)・0.3L(スープ容器)
■重量:1kg
■カラー:ミッドナイトブルー

2. スリムでコンパクト「タイガー ランチジャー」

スリムでシンプルなタイプのランチジャーです。保温性に優れた容器とポーチのおかげで、ランチでも温かい食事を楽しむことができます。縦だけでなく横にもお弁当が収納できるのが最大の特徴。どんな通学や通勤バッグにもすっきりと収まりことができますよ♪
【仕様】
■サイズ:22.2(幅)×11.1(奥行)×13.6cm(高さ)
■容量:0.46L(おかず容器1個)・0.26L(おかず容器2個)・茶碗約2.3杯分 (ご飯容器)
■重量:649 g
■カラー:ブラック

3. とにかくご飯がたっぷり入る「俺の飯のランチジャー」

とにかくご飯もスープもたっぷりと食べたい方におすすめなのが、こちらのランチジャーです。容量の大きさだけではなく、もちろん保温性にも優れているので使い勝手も抜群です!電子レンジで加熱できるところも魅力的ですよね♪
【仕様】
■サイズ:15.5(幅)×14.0(奥行)×24.0cm(高さ)・23cm(箸)
■容量:0.62L(ご飯容器)・0.4L(スープ容器)
■重量:1226g
■カラー:ブラック

4. スタイリッシュなのに大満足「スケーターのランチジャー」

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

cucunyaroti

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう