ライター : y_nakagawa

おいしい物、おいしいお店、便利なキッチンアイテム。グルメにまつわるいろいろをお届けします。

Photo by macaroni

スキレット鍋ってどんなもの?

「スキレット鍋」とは、厚手の鉄製フライパンのこと。アルミやステンレスなどのフライパンよりも、鍋肌が厚めにできています。そのため、素材のおいしさを逃さず調理することができるのが特徴!いつも使っている食材が驚きのおいしさに仕上がりに♪ 冷めにくくて温度のムラが少ないので、焚き火や炭火焼きにも適しています。そのため、じっくりと火を通したい料理にぴったり。ハンバーグやアヒージョ、パンケーキなどの料理にもおすすめです。また、そのままオーブンに入れることもできるので、グラタンなどにも使える便利な調理道具! また、見た目もおしゃれなので、調理してそのまま食器としてテーブルに持っていけるのも魅力。おしゃれさとおいしさをあわせ持っている調理道具なのです♪

ニトリの「ニトスキ」が大人気!

「ニトスキ」とは、ニトリで買えるスキレットのこと。いつもの料理をさらにおいしくおしゃれに仕上げられることで人気の商品! サイズは、15cmと19cmの2種類。メニューが人数によって使い分けられます。人気の理由のひとつがそのリーズナブルさ!15cmのものなら、なんと498円。19cmのものでも1,000円以下で購入することができるのです。まさにお手ごろな価格♪ また、フタ付きのセットも販売させていて、うまく使うことで圧力鍋になったりと、料理の幅を広げることができるのも魅力。ニトリの店舗はもちろん、公式のネット通販、アマゾン、楽天などでも販売されています。

スキレット鍋のメリット

無水・無油調理ができる

「スキレット」には、別売りでフタ(カバー)があるものも。そのフタをつけることで内部の気密性を高めて圧力をかけることができます。そうすることで、圧力鍋のように無水・無油調理をすることが可能に!ただ焼くだけでなく、煮る・蒸す・揚げるをこれひとつでまかなうことができる、それが「スキレット」のメリットのひとつといえるでしょう♪

おしゃれ

「スキレット」なら、料理ができたらそのまま食卓に持っていってもおしゃれに決まるのがメリット♪ 見た目がかわいくて、これを食器として料理を出すと、まるでカフェメニューのような素敵な雰囲気を醸し出してくれます。また、使用する食器の数を減らせるので、洗い物の手間がはぶけるのも嬉しいポイント!

アウトドアでも使える

家庭の食卓のみならず、キャンプやアウトドアのご飯にも活躍してくれる調理道具「スキレット」。定番のアヒージョやフレンチトースト、焼きカレーなど、アウトドアにぴったりの料理の数々を作ることができます。一般的なフライパンではなかなか引き出せない、食材がもっているおいしさを最大限に引き出してくれるのがうれしいところ。そんなところも自然に囲まれたアウトドア飯にぴったり♪

スキレットのお手入れ方法

新品の「スキレット」には、さび止めの油が塗ってありますが、まずはこの油を洗い流しましょう。 洗剤で油を洗い流してしっかりと水気を切ります。水気を切ったら、強火で5分くらい。白い煙が出てきますが心配は入りません。全体的に白っぽく焼きが入ったら、。持ち手も含めてお鍋全体にキッチンペーパーなどで、サラダ油かオリーブ油を塗りこんでいきます。仕上げに再度火にかけて、弱火でだいたい3分くらい。これでシーズニングは完了! また、調理したあとのお手入れも大切! 使用後の「スキレット」は、洗剤を使うとせっかく馴染んできた油がリセットしてしまいます。タワシでゴシゴシとサビや汚れをこすりとるように水洗いしましょう。次に、水分をとばすようにしっかりと空焚き。粗熱がとれたら、サラダ油かオリーブ油をキッチンペーパーで塗りこんだら完了です♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS