【素材別】おすすめ「まな板」20選!使い方と選ぶポイントも

料理をする上で欠かせないキッチン用品、まな板。大きさも素材もデザインもさまざまですが、毎日使うものは、やはり使いやすいものが一番。まな板の選び方や材質による違い、材質別のおすすめまな板もご紹介します。

2018年3月2日 更新

おすすめはどれ?まな板の選び方をチェック!

サイズで選ぶ

使いやすくても、調理場のサイズに合っていなければ使いにくいまな板になってしまいます。購入する前に、まずはサイズをしっかりチェック。まな板を置く作業場のサイズを考えがちですが、ポイントとなるのはシンクの大きさです。シンクより少し小さめのまな板を選びましょう。

●目安となる規格はこちら

ひとり暮らし用の小さめキッチン :約15~20cm×30cm
ふたり暮らし用のキッチン :約20cm×40cm
家族が多い、または広いキッチン :約25cm×45cm


上記が大体の目安ですが、実際のサイズをしっかり測って購入しましょう。

抗菌加工の有無で選ぶ

まな板の材質はさまざまですが、プラスチック製のまな板やゴム製のまな板などには、抗菌加工が施されているものがあります。抗菌加工は細菌の増殖を抑制する目的で施されるものなので、加工がされていても使ったまな板のお手入れは必要。効果を長持ちさせるためにも、こまめなお手入れを心がけましょう。

抗菌剤は水に濡れるとイオン効果を発揮するので、使う前には表面を水で濡らすこと。使用後は表面の汚れをしっかり落とし、よく乾かして保管することがポイントとなります。

材質による違いは?

1 / 8

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kinako

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう