ライター : エマ

“食”を通じて、いろんな人と関わりたい。ライターとして、食の理解者として、日々いろんなことを勉強中。

あこがれの木製まな板!その魅力とは?

昔はまな板といえば木製のものでしたが、最近ではプラスチックや他の素材のまな板を使っている方も多いですよね。自然素材ならではのあたたかみが素敵な木製まな板ですが、木にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

ナチュラルでおしゃれな佇まい

何といっても、木材の自然な風合いが最大のおすすめポイントです♪ 収納せず立てかけておいてもおしゃれで絵になりますし、料理上手なイメージがあってSNS映えも狙えるかも!? また、手にした時の心地良いフィット感や安心感は自然素材ならでは。同じ素材を使っていても、木目や節など模様がひとつひとつ異なるのも魅力ですね!

包丁が長持ちする

木は適度にやわらかさがあるため刃を傷つけにくく、包丁を長持ちさせてくれます。切れ味が落ちにくく、お手入れの頻度が少なくて済むのです。また、板がクッション材のような役割をするので手や肩の負担が軽減され、長時間使っても疲れにくいというのも嬉しいポイントですね!

お手入れ次第で長く使える

木製のまな板の場合、傷が目立ってきたなと思ったら、表面をかんなで削ることで再びきれいに使うことができます。何度も削りながら長年使い続けることができますが、プラスチック製の場合は傷んだら捨ててしまうほかありませんよね。物を大切にするという面でも木製まな板はおすすめです。

木の種類&素材別の特徴いろいろ

イチョウ

イチョウの木は適度な油分を含んでおり、水をはじいてくれる作用があります。そのため乾くのが早く、まな板を衛生的に保つことができるのです。また刃の当たりがよく、包丁やまな板が傷つくのを抑えてくれる嬉しい働きも!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS