艶めく脂身…!業務スーパー「合鴨ロース」の高クオリティに目まん丸!

業務スーパーでも人気の高いエリア「冷凍食品コーナー」。今回は、なかでも評判のよい「合鴨ロース」を購入してみました!ほかのスーパーの冷凍コーナーではまず見かけない、異彩を放つこちらの商品。一体どんなお味なのか…実食レビューでご紹介します!

2018年6月14日 更新

「合鴨ロース」がドーンと1本!

「合鴨ロース」がドーンと1本!

Photo by milkpop

235円(税抜)

こちらが業務スーパーの「合鴨ロース」。調味液に漬け込んだ合鴨をじっくりと燻製した"おつまみ系"冷凍食品です。
「合鴨ロース」がドーンと1本!

Photo by milkpop

パッケージを開けると、中からはテッカテカの合鴨ロースが登場!すでにスモーキーな香りがふわ~んと漂ってきました……!

普段は、スライス状のものしか見る機会のない合鴨ロース。こう丸々1本で見ると、約17cmのこのビックサイズに圧倒されちゃいます。開封前に流水解凍をするか、自然解凍をしてくださいね。

濃厚な旨味にノックアウト!

濃厚な旨味にノックアウト!

Photo by milkpop

今回は、ひと晩冷蔵庫で自然解凍し、さっそくカットしてみました♪

まず驚いたのは、このしっとり感……!お箸をあてると肉汁が染み出すほどのこのジューシーさ、伝わりますでしょうか……?断面はピンク色で、まるでお水を吹きかけたかのような瑞々しさです。
濃厚な旨味にノックアウト!

Photo by milkpop

ひと口食べると、舌の上で鴨の濃厚な脂がじわぁと溶け出します。皮と脂身の間に詰まった旨みが、噛むたびに染み出し「うまい……」と自然に言葉がこぼれました。本能の赴くまま、あっという間に飲み込んでしまいましたよ……!

いやいやいや、待ってください。これ、本当に250円以下ですか!? 臭みがないどころかスモーキーで香ばしく、まるで1本何千円もする高級ハムを食べたかのような気分です。

鴨南蛮にアレンジしてみた♪

鴨南蛮にアレンジしてみた♪

Photo by milkpop

そのまま食べてこれだけおいしいということは、アレンジしてもきっとおいしいはず!今回はパッケージの裏面を参考に、「鴨南蛮」を作ってみました。
鴨南蛮にアレンジしてみた♪

Photo by milkpop

とっても簡単に完成しました♪出汁に鴨の旨みがしっかり溶けだし、とっても濃厚……!

ねぎの風味と合わさり上品な味わいで、もはや白旗を上げたい気分です。麺つゆ、お蕎麦、ねぎだけでこんな至福の一杯が味わえるなんて、おそるべし「合鴨ロース」!

1~2日なら冷蔵保存がおすすめ

しかし1本190gの大容量……!1日で食べきるのがむずかしいときは、きっちりラップをして冷蔵保存するとしっとり感が長持ちします。

どうしても冷凍したい場合は、空気に触れないフリーザーバッグがおすすめです。ストローなどでしっかり空気を抜いておくと、乾燥しにくくなりますよ♪

食べて納得のコスパの高さ!

食べて納得のコスパの高さ!

Photo by milkpop

合鴨ロース、ごちそうさまでした!前々から存在は知っていましたが、なんで今まで買わなかったのか……。評判通りのおいしさでした。

半冷凍状態ならば薄切りにもできるそうですが、しっとり感を楽しむのであれば断然"厚切り"がおすすめです!食べて納得のコスパの良さ、ぜひ体感してみてはいかがでしょうか?
(文・写真:milkpop)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。

製品概要

「合鴨ロース」
■希望小売価格:235円(税抜)
■内容量:190g
■原産国:中国
■発売場所:業務スーパー各店
※店舗によって取り扱いのない場合があります。
▼こちらの業務スーパー商品もおすすめです!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

milkpop

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう