ライター : milkpop

栄養士 / 製菓衛生師

「読み物として楽しい記事」をモットーに、情報を正確におもしろくお伝えできるよう日々研究中です。「食」の楽しさやおいしさが、たくさんの人に伝わりますように!

安ウマと話題の「やわらか煮豚」

Photo by milkpop

高コスパで人気の業務スーパー。そんななかでも、今ファンの間で注目されている「やわらか煮豚」はご存知ですか? その価格、なんと内容量600gで460円(税抜)。あまりのコストパフォーマンスぶりにリピーターが続出し「安ウマすぎる!」とSNSで話題になっているんです!

国内生産のお肉がゴロリ!

Photo by milkpop

460円(税抜)
えええ、460円って、普通にお肉を買うより安いじゃないですか……!となると気になるのはお味と原産国ですが、果たしてどうなのでしょうか? パッケージをくまなくチェックしてみると、左上に「国内製造」の文字を発見!

Photo by milkpop

460円(税抜)
おお、国内生産なら安心ですね♪ さっそく袋を開けてみると、なかからはテリッテリなお肉の塊がゴロリとでてきました。 600g……さすがにボリュームがありますね。お皿がずっしり重いです。素材は豚タンルート(タンの根本)を使っているそうで、見た目からじっくり煮込まれたのが伝わってきます。

ピリ辛な味付けがたまらない……!

Photo by milkpop

袋ごと湯煎しても食べられるそうですが、今回はスライスして500Wのレンジで1分ほどチンしてみました。 豚バラ並みに脂がのったお肉を頬張ると広がったのは、タレの甘辛さと豚肉のコク!ほどよく弾力があり、噛めば噛むほど旨味がお口に広がります。 タン特有の香りも多少ありますが、ピリ辛に仕上げてあるタレのおかげかあまり気になりませんでした。これはご飯にもお酒にも合いそう……!

豚丼アレンジがおすすめ!

Photo by milkpop

たぎる白米への欲求が我慢しきれず、白米、三つ葉、ごま油、卵黄を追加して豚丼にアレンジしてみました! 袋の中に余っていたタレも追加でかけたのですが、これ危険です。ピリ辛タレに卵黄がとろ~り絡みご飯が止まらない……!三つ葉とごま油をプラスすることで、お肉の臭みも緩和され、グッと食べやすくなりました♪ 大葉でもおいしいかもしれませんね!

冷凍保存で賢く活用!

余った時は小分けにして冷凍保存がおすすめです!角切りにすればチャーハンの具材やお弁当のおかずに、スライスにしておけばラーメンなどのトッピングにも便利ですよ♪ ラップで1食分ずつしっかり包み、フリーザーバックで保存してくださいね。

給料日前の救世主かも……!

Photo by milkpop

あまりの安さにはじめは味や産地が心配になりましたが……食べた後ではコスパが良すぎてむしろ業務スーパーさんが心配です。 豚丼にアレンジしてもワンコイン以下に収まるので、給料日前のピンチにも大活躍な逸品ではないでしょうか!ぜひご自身の舌でも確かめてみてくださいね。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS