じゃがいもとの関係に拍子抜け!?「馬鈴薯」の正体と由来

ホクホクでおいしい馬鈴薯。食卓にのぼる機会も多いので、親しみの湧きやすい食材のひとつかもしれませんね。今回はそんな馬鈴薯のアレコレを調べてみました。名前の由来や意味はもちろんのこと、とっておきレシピまでご紹介しちゃいますよ。

2018年1月12日 更新

3. 豚こまと馬鈴薯の炒めもの

馬鈴薯をたっぷりと使いたいならば、こちらのメニューはいかがですか?豚こまとじゃがいもだけで作るシンプルな炒めもので、にんにく醤油の香ばしさに思わずお箸が止まらなくなりそう。仕上げにはごまをたっぷりと振りかけて。メインおかずとしてもサブおかずとしても活躍しそうなメニューですよね。

4. チリトマトスープ

いつものトマトスープにマンネリを感じてしまったら、ぜひこちらのチリトマトスープにチャレンジしてください。こちらのレシピはお子さんでもおいしく食べられるくらいの辛さに仕上げられていますが、大人だけで味わうならばもっと辛めにしてもいいですね♪最後にチーズをプラスするのもおすすめ♪

5. ミルフィーユポテトグラタン

最後にご紹介するのは、ミルフィーユポテトグラタンのレシピです。ちょっぴり形を変えるだけで、いつもとは違った印象になりませんか?とてもおしゃれなメニューなので、ホムパやランチ女子会にもぴったりですね。ケーキのようにカットし、パセリをぱらりとかけていただきましょう♪

馬鈴薯をおいしくいただこう♪

みなさんの身近にある馬鈴薯。使いやすい食材なのでいつものお料理にも使う機会が多く、親しみがわきやすい食材のひとつではないでしょうか。普段「じゃがいも」と呼んでいる方は、馬鈴薯との名前にいつもとは違う印象を受けたかもしれませんね。

炒めものや煮物、サラダやスープなど、いろいろなお料理に活躍してくれる馬鈴薯。おいしくてお手軽なレシピもたくさんありますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。
▼「かんしょ」って知ってる?
▼おすすめレシピはこちら!
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motte

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう