ライター : uni0426

作ることも食べることも大好きな2児の母です。 朝ごはんを食べながら、もう昼ごはんのことを考えているような食いしん坊(笑)。 できるだけ添加物などを避けた料理をしています。 梅干…もっとみる

ちゃんぽんという言葉はどこから来た?

あなたは「ちゃんぽん」という言葉の意味を知っていますか?なんとなくかわいらしいその響きですが、一体どのような語源を持つのか、知らない人も多いのでは。今回はそんな「ちゃんぽん」のもつ意味と語源を調べてみました。 食べ物のちゃんぽんはなぜそのように呼ばれるようになったのか、お酒をちゃんぽんで飲むと酔いが回りやすいというのは本当なのか?ちゃんぽんに関する「へぇ~」な真実を徹底究明しました!

ふたつの意味を表す「ちゃんぽん」という言葉

長崎名物の麺料理「ちゃんぽん」

ちゃんぽんといえば、長崎名物の麺料理の名前ですね。肉や野菜を炒め、スープで麺とともに煮込んだものです。具だくさんなのが特徴で、豚肉にキャベツや玉ねぎ、にんじんのほか小エビやアサリといったシーフードにかまぼこなども入り、具材の種類は10種類以上入ることもある、栄養満点なボリューム麺です。 麺はラーメンの太麺よりもさらに太い極太麺が使用されます。スープは豚骨ラーメンのスープよりも白く、コクとクリーミーな味わいが特徴。長崎の料理として有名ですが、そのおいしさは全国的にも人気。ちゃんぽんのチェーン店「リンガーハット」は全国に600店舗以上も展開しています。

数種類のお酒を飲み合わせる「ちゃんぽん」

麺料理とは別に、お酒の飲み方を指す言葉でもあるちゃんぽん。ビールのあとに日本酒、それからワイン……というように、違う種類のお酒を順に飲んでいくことを指します。違う種類のお酒同士をグラスに混ぜ合わせて飲むことではなく、あくまでもお酒はそれぞれ単体で飲むことです。 お酒が好きな人にはよくある飲み方かもしれませんね。特に飲食店での飲み放題の場合は、いろいろな種類のお酒があるのであれもこれもと飲んでしまうこともあるのでは。そんなお酒のちゃんぽんは、一種類のお酒を何杯も飲むよりもお酒が回りやすいとも言われています。

外国語がルーツ?ちゃんぽんという言葉の由来

ちゃんぽんという言葉は、持つ響きからは一体何が由来となっているのが想像がつきにくいですね。麺料理のちゃんぽんは、明治32年に創業した中華料理店・四海楼の店主・陳平順が、貧しい中国人留学生のために安くて栄養のあるものを食べさせたいと作ったのがはじまりだといわれています。そんなちゃんぽんの語源には諸説ありますが、まずひとつめは福建語で簡単な食事を意味する「喰飯(シャンポン)」という言葉がなまって生まれたというもの。 そのほか、鉦(かね)の音を表す「ちゃん」、鼓の音を表す「ぽん」と、違うものがまざったことを表現する言葉として生まれた説や、長崎ともゆかりの深いポルトガルの言葉で「ごちゃまぜにする」といった意味を持つ「チャンポン」という言葉からきたという説もあるようです。 総じて「いろんなものを混ぜる」という意味を持つ言葉となったちゃんぽんが、数種類のお酒を飲むことにも使われるようになりました。

真っ赤なスープ!? 韓国にもちゃんぽんがあった!

中国の料理文化と長崎の食材が出会って生まれたちゃんぽんですが、韓国にもちゃんぽんという料理があるのを知っていましたか?こちらもラーメンに似た麺料理で、具材も豚肉に野菜、シーフードなどを炒め合わせたものであり、日本のちゃんぽんと非常によく似ています。しかしその最大の違いは、韓国のちゃんぽんのスープは真っ赤であること。 料理名は日本と同じくちゃんぽんで、これは日本のちゃんぽんからそのまま取ったのだとか。しかし料理は中国山東省から韓国・仁川に渡ってきた華僑の人たちから広まったという説が濃厚なんです。中国から来たのに日本の名前がついたのは不思議な気がしますが、当時日本の植民地であった韓国に、このちゃんぽんが広まったと言うことで日本名がそのまま使われるようになったようです。 元々1970年ごろまでは、韓国のちゃんぽんも日本のものと同じく白いスープのものでした。しかし辛い食べものが好まれる韓国では、スープに唐辛子を加えて販売したところ、こちらのほうが人気に。その後白いスープより赤い辛味スープのほうが主流になり、現在の韓国のちゃんぽんが定着したということです。

ちゃんぽんすると酔いやすいという噂は本当か

違う種類のお酒を飲む、ちゃんぽんという飲み方をすると酔いやすいと言われていますが本当なのでしょうか。実はこれには医学的な根拠はないんだそうです。異なる種類のお酒であっても、アルコールの成分はひとつ。つまり胃の中でまざればアルコール成分は一種類になるので、数種類のお酒を飲んでも一種類のお酒を飲んでも、本来変わりはないのです。 しかしながらちゃんぽんで飲むとお酒が回りやすいと感じる理由もきちんとあるんです。ちゃんぽんして飲んだそれぞれのお酒のアルコール度数が異なる場合、摂取したアルコール量がわかりにくくなり、自分の許容量を超えて飲んでしまうことがあるからです。 ちゃんぽんしても悪酔いしないようにするためには、空腹時に飲むのは避けること。食べ物を口にしながら飲むことで、酔いが回りすぎるのを防ぐことができますよ。肝機能の働きをよくする栄養層を含む食材を摂るようにするとなおよいでしょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS