考えたことある?「いただきます」を言う理由とその語源が知りたい!

普段何気なく使っている「いただきます」。皆さんはどのような意味が込められているかご存じですか?今回は改まって考える機会が少ない「いただきます」についてまとめました。その語源から意味を知ることで、食卓での挨拶の大切さに気づかされます。

「いただきます」はなぜ必要?

食事をいただく際、当たり前のように言う「いただきます」という言葉。小学生の頃など、給食を食べる前にはクラス全員で声を揃えて、大きな声で「いただきます」と言っていましたよね。

なぜそのような挨拶が必要なのか、深い意味は分からないまま、物心がついたときには家庭や学校で「食事を食べる前にはいただきますと言ってから食べる」と教わったという方がほとんどではないかと思います。

そもそも「いただきます」にはどんな意味がこめられているのでしょうか。そして果たして、本当に食事を食べる前の「いただきます」は必要なのでしょうか?

いただきますの語源

日本では食事の際に地域や習慣によって言ったり言わなかったりする言葉があり、同じ意味合いながらイントネーションが全く異なるものもあります。ですが、いただきますに関しては地域差はなく、ほぼ全国共通。一体、いただきますの語源はどこから来ているのでしょうか。

「いただきます」は、動詞の「頂く」から来ています。「頂く」とは「もらう」の謙譲語で、神さまから自然の恵みを受けたとき、目上の人から何かをもらうときに使いますね。では、現在の「いただきます」はどういった意味合いで使われているのでしょうか。

いただきますは「感謝とお礼の気持ち」

「いただきます」は、いったい何に感謝とお礼の気持ちを込めているのでしょうか。人によって意見は異なるとは思いますが対象は主に2つあります。

食材への感謝

ひとつは、私たちが生きていくうえで欠かすことができない、肉や魚、そして野菜、果物への感謝。お肉やお魚はもちろんですが、野菜や果物も私たちが食べることでそれぞれの命を落しています。

私たちが生きていくためには、これら肉・魚・野菜・果物などをバランスよく食べて栄養をつけなければいけません。ですが、私たちが栄養をつけるためには何らかの動物(植物)が犠牲になっています。食事前の挨拶には、「命を頂き、自らの命にさせて頂きます」 という意味が込められているのです。

食事に携わってくれた方への感謝

「いただきます」には、その料理が提供されるまでに関わったすべての人に感謝するという意味合いもあります。

例えば一杯のお味噌汁には、味噌や豆腐を作った人、わかめ、ネギを栽培した人、献立を考える人、食材を仕入れる人、調理する人などたくさんの人々が関わりあって、一杯のお味噌汁ができあがっています。無人島で1杯のお味噌汁をたった一人で作ろうと思ったら本当に大変なことですよね。食事に関わってくれた全ての人に感謝をする意味でも、「いただきます」は食事をいただく際に使うようにしていきたいですね。

いただきますを英語で言うと?

いただきますの英訳でもっとも近いのが「Let's eat!」です。食材や食事に携わった人など全てのことに感謝の気持ちを込めて言う日本語のいただきますとは意味がだいぶ違ってきますよね。どちらかと言うと「さあ、食べましょう」という呼びかけといった意味合いの方が強そうです。

ですが、これはアメリカの家庭すべてではなく、アメリカでも食事の前にキリストに感謝の祈りを捧げる家庭もあるようです。こちらの方が意味合いとしては日本語の「いただきます」に近いものがありますね。

海外のいろいろな「いただきます」

海外でも食事を食べる前に「いただきます」という習慣はあるのでしょうか。ある場合はどのように言うのでしょうか。

欧米の場合

フランスは「いただきます」はありませんが、食事の前にBon appetite! (ボナペティ!)と互いに声をかけ合うのが一般的です。

イタリアではBuon appetito! (ブオナペティート!/ブオナッペティート!) ドイツ語はGuten Appetit ! (グーテン アペティート!)と言います。

日本語の「いただきます」という意味合いよりは、英語のlet's eat と、感覚としては似ているかもしれませんね。

中国・台湾の場合

中国や台湾には「いただきます」がありません。家族で食事をする時に「食べるよー」と声をかけることはあっても、いわゆる日本の「いただきます」のような言葉は存在しないんです。

日本では1人で食事をする時でも「いただきます」を言います。世界でも日本のように「いただきます」を言う国は珍しいようです。こういったことから、海外からも「いただきますってなんて素敵な言葉なんだ!」といった評価を受けているそうですよ。そう考えると素敵な文化を持った日本がなんだか誇らしいですよね。

特集

SPECIAL CONTENTS