ライター : milkpop

栄養士 / 製菓衛生師

「読み物として楽しい記事」をモットーに、情報を正確におもしろくお伝えできるよう日々研究中です。「食」の楽しさやおいしさが、たくさんの人に伝わりますように!

業務スーパー定番「ベルギーワッフル」

Photo by milkpop

リーズナブルで高コスパな食品が揃う「業務スーパー」。「これだけ買う!」と心に決めていても、ついついカゴに入れてしまう魅力的な商品が多いですよね。
今回は、そんな業務スーパーの人気商品を「アレンジしてさらにおいしくしよう!」という企画の第2弾!「ベルギーワッフル」といえば業務スーパー定番スイーツのひとつですが、さらにおいしくするためにはどうアレンジすべきか……。実食レビューでご紹介します♪

本場ベルギー産ワッフルが1個35円以下!

Photo by milkpop

348円(税抜)
まずは素材となる「ベルギーワッフル」からご紹介いたしましょう!商品が置いてあるのは、直輸入スイーツがズラリと並ぶ、冷凍スイーツコーナー。本場ベルギー産のワッフルが、長方形の袋にぎっしり詰まって販売されています。

Photo by milkpop

中に入っているワッフルは、一つひとつ小袋入り。おおお、好きなときに好きな個数食べれるというのはうれしいですね♪ サイズは多少ばらつきがありますが、どれも直径9cm前後となかなかの大きさ。直輸入しているとあってだいぶ本格的なビジュアルですが、348円で10個入りということは、もしや1個35円以下……?これはだいぶお得ではないでしょうか!

Photo by milkpop

うーん、でも、これだけお安いと味が気になりますよね。安いワッフルってパサパサしがちですが、そこのところはどうなのでしょうか? パッケージを見てみると、自然解凍またはオーブントースター調理で食べれるとのこと。自然解凍……は待ちきれないので、さっそくトースターで焼いてみました!

まずはトーストで味を確認

Photo by milkpop

パッケージの指示通り、1200Wのトースターで4分加熱。トースターから部屋中に広がる甘~い香りに食欲がそそられます♪ 焼き立てをお皿に出してみると、最初は「ふにゃっ」としていましたが、数秒で表面がカリッと固まりました。むむむ、すぐに食べたいところですが、数秒置いてからの方がカリッと感がより楽しめそうですね。

Photo by milkpop

表面が固まったところで、冷めないうちにいざ実食!サクッと齧りつくと、芳醇なバターの香りが口と鼻を駆け抜けました。ワッフルシュガーのシャリッとした歯触りも子気味良く、やさしい甘さに思わず「んふふっ」と笑いがこぼれます。 こ、こんなにバターも砂糖もたっぷりな味わいなのに、このお値段でいいんですか!? 正直このまま店頭で350円で売られていても、なんの疑問もなく「高級なワッフルはおいしいなあ」と感想が口から飛び出しそうなぐらいには贅沢な味わいです。

Photo by milkpop

外はサクッなかはふんわりしっとり。コクもあって、コーヒーとの相性も抜群。こ、これはもうアレンジしなくてもいいんじゃ……? ――いやいやいや、そういうわけにもいきません。まさかの企画前倒れに冷や汗が止まりませんが、しいて欠点を揚げるとしたら味に特徴がないところでしょうか?だからこそ飽きないといわれればそうなんですが、「とっておきのおやつ」として出すには少し物足りないところ。 ならば、アレンジで物足りない部分を伸ばしてみようじゃありませんか!というわけで、今回は「見た目も味もランクアップする豪華アレンジ」路線でいってみましょう♪

「フレンチトースト」にアレンジしてみた!

Photo by milkpop

ただ皿盛りするだけではつまらないので、ワッフル自体もフレンチトーストにアレンジ!卵の味が加わると味はどう変化するでしょうか?レッツクッキング!

材料

Photo by milkpop

・ベルギーワッフル……2~3個 ・卵……小1個 ・牛乳……140ml ・バター……5g <トッピング>(お好みのものでOKです) ・バニラアイス……適量 ・チョコソース……適量 ・冷凍ラズベリー……適量

Photo by milkpop

1. 卵をボウルに割りほぐします。

Photo by milkpop

2. 牛乳を加えて、泡立てないようにしっかり混ぜましょう。

Photo by milkpop

3. 耐熱容器にいて、冷凍状態のワッフルを浸します。
4. 電子レンジ600Wで30秒ほど加熱します。こうすることで卵液の染み込みやすさがアップ!時短調理につながります。

Photo by milkpop

5. 裏返して、もう一度30秒加熱しましょう。電子レンジから出し、そのまま1分ほど浸しておきます。

Photo by milkpop

6. その間にフライパンの準備をしましょう。手をかざすと温かいと感じるくらいまでフライパンを温め、バターを溶かします。

Photo by milkpop

6. 火を弱火にしたらワッフルを入れ、蓋をして表面がこんがりするまで両面焼きましょう。

Photo by milkpop

7. まな板に出してナナメ半分にカットし、お皿の上にトッピングと盛り付けたら完成です。

ワンランク上の別デザートに……!

Photo by milkpop

ワッフルフレンチトースト完成!ふっふっふ、いかがでしょう。なかなかにビジュアルは豪華ではないですか?トッピングはお好みのもので大丈夫ですが、今回は業務スーパーで購入できる材料をセレクト。トッピングもワッフルも甘いので、卵液にお砂糖は使いませんでした。

Photo by milkpop

できたてにアイスを絡ませ、さっそくパクリ。口に広がるのは、冷たさと温かさの鮮やかなコントラスト。卵の風味が増しているためか、さっきよりも食べ応えがアップ!卵液が染み込んでいるからか、カリッと感がなくなったかわりに、さらにしっとりとやわらかくなったワッフルが口の中でほどけます。 ベリーやチョコ、アイスの味が加わると味に奥行きがでて、まったく別のスイーツを食べているような気分になりますね。そしてなにより、見た目がとっても華やか!初期費用は掛かりましたが、使った分だけで換算するとひと皿100円前後でしょうか?これが10皿分楽しめるならコスパ抜群かも。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS