12. 白菜のスープ

今回ご紹介する汁物の中で、一番ボリュームのある具だくさんスープです。白菜、にんじん・しいたけに豚肉も入っているので、野菜だけじゃ物足りない食べ盛りさんも大満足ですよ。 あっさりした味付けは、しっかり味のカツ丼と相性バツグン。余り野菜でいろいろとアレンジできそうなのも嬉しいですね。

ボリュームUP!副菜のレシピ6選

13. ピリ辛蒸し豆腐

中華風ピリ辛だれにゴマとネギが香る、ほっこりと温まる蒸し豆腐です。レンジ加熱で簡単に作れてヘルシー。時間に余裕はないけれど、もうひと品欲しい時ににおすすめですよ。 醤油にみりん・ゴマ油・にんにく・粉唐辛子を合わせたタレはパンチが効いた味。まずは晩酌!という方には、メインのカツ丼の前に「お通し」としていかがですか?

14. ちくわのツナと大葉のマヨ和え

ちくわ・ツナ・大葉をマヨネーズで和えただけなのですが、素材を活かした味付けと大葉の香りがベストマッチなひと品です。 なんといっても火を使わず簡単に作れるのが魅力。切って混ぜるだけなのであっという間に完成なんです。ぜひレパートリーに加えたい、お役立ちレシピです。

15. ジャガイモの柚子ポン炒め

細切りにしたじゃがいもとさつま揚げを炒め、柚子たっぷりのポン酢で味付けしています。爽やかなユズの香りと酸味でカツ丼を食べたお口をリセット、ますますお箸が進みそうですね。 レシピではマヨネーズでじゃがいもを炒めてコクをだしていますが、あっさりがお好みならサラダ油やオリーブオイルにしても◎

16. ナスのみそ炒め

ナスとピーマンをみそ炒めにしたボリューミーな副菜です。野菜だけのサラダだと食が進まない、というガッツリ系の男子でも喜んで食べてくれそうですね。 カツ丼の副菜なので食材はナス・ピーマンだけですが、お肉を加えるとメインおかずにもなるお役立ちレシピです。

17. ヒジキとコンニャクの煮物

常備菜の定番「ヒジキの煮物」を、丸こんにゃくとブロッコリーでカサ増しした食べごたえのあるひと品です。野菜と海藻で栄養バランスのよいカツ丼献立に。 時短レシピより少し手間はかかりますが、作り置きできるので時間に余裕がある時に作っておけば重宝しますよ♪

特集

FEATURE CONTENTS