退職時のおすすめお菓子25選!シーン別で上手に選ぼう

退職が決まったそこのあなた!挨拶周りの際に配るお菓子の準備はできていますか?この記事では、女子受け抜群のおしゃれお菓子や、大量個包装の配りやすい品、さらに男性も安心の甘くないものなどを25点ご紹介。そもそもなぜお菓子を配るのか、配るタイミングなどについてもチェックしてみてください

2019年3月13日 更新

なぜ退職の際にお菓子を配るの?

1. 感謝の気持ちを伝えられる

これまで辛い時も厳しい時も一緒に乗り切ってきた仲間や、上司への感謝を伝える際に、言葉だけでなく一緒にお菓子をお渡しすることで、気持ちが伝わりやすくなります。しっかりと感謝の気持ちを伝えることで、よい印象を持って気持ちよく送り出してくれることでしょう。

2. 挨拶をするきっかけにできる

よく仕事をしてしていた同僚や、関係の深かった部署の方は、挨拶やお礼をすることはそんなにむずかしくないかもしれません。しかし業務時間内だと、いつ挨拶に行くべきかタイミングがわかりにくいですよね。また、やりとりは多くないけどすごく重要だった部署の方や、ほかの部署の上司などへはきっかけが作りにくいもの。そんな時はお菓子を配ることをきっかけにすることで、相手も挨拶にきたことがわかり、時間を作ってくれるでしょう。
お互いに最後の別れを惜しみつつも気持ちよく送り出してもらえるよう、心遣いとしてもささやかな金額のお菓子でもいいのでお渡しするほうがベターですよ。

お菓子の予算は?

配る人数や部署によって変わってきますが、一般的な相場はひとりあたり100円前後です。全社の従業員数が30人ぐらいまでの会社であれば、大きめのお菓子ひとつで十分ですが、従業員の数が多い場合は、所属の部署ごとに分けると配りやすくなりますよ!

お世話になった上司や、仲のよかった人へ感謝の気持ちを伝えたい場合は、個別に準備してもOK。その際は、みんなと同じお菓子も配るとよいでしょう。

配ってもよいもの・配るべきでないものとは?

どんなお菓子を選んだらいい?

個人に挨拶まわりをする場合は、渡しやすさの点から個包装のお菓子が適しています。共有スペースや休憩室がある場合は、大きな缶箱のものや、シェアできるものでも構いません。しかし、いろんな職種の方がいるため、常温保存ができ賞味期限が長いものにしましょう。

なにより、お世話になった感謝の気持ちを伝えることが最優先なので好き嫌いの分かれない、クッキーやマドレーヌのような焼き菓子が無難と言えます。男性メインの職場などでは、甘いものが苦手な場合も。そんな時は、和菓子や、煎餅、おかきといったものでも良いでしょう。

渡さない方がいいお菓子とは?

・食べにくいもの
・好き嫌いの分かれるもの
・臭いの強いもの
・手作りのもの


このようなお菓子は、避けておくほうがいいでしょう。カレー風味や激辛のお菓子など匂いと刺激の強いお菓子、きなこ菓子のように粉が飛んだり食べにくいお菓子は外すのがベター。たまに手作りのお菓子を配る人も見かけますが、親しい間柄ならまだしも、そうでない人や上司などには控えたほうが無難です。

のしやメッセージは必要?

のしはなくてもいいですが、少人数の職場や親しかった同僚には、メモ程度のメッセージを添えるとさらに丁寧な印象を持ってもらえますね。人数が多かったりそこまでの間柄でなければ、ひと言挨拶するだけでも十分ですよ。

タイミングはいつがいい?

配るタイミングは最終出社日にしましょう。最終出社日に業務がなく、すぐに帰る場合にはその前の出社日に。当日に準備ができていない、なんていうことにならないよう、前もって計画的に準備しておくことをおすすめします。

ひとりづつに配る場合

終業後が会社にも迷惑をかけず一番いいですが、定時にすぐに帰ってしまう人が多い職場ではそうもいきませんね。上司の許可を得て終業前にデスクを回ったり、お昼休みを利用するなど、会社の雰囲気に応じた工夫が必要です。

共有スペースに置いておく場合

人数が多い職場や個別に挨拶するのが苦手な方は、共用スペースにお菓子をまとめて置いて、みんなの前でひと言挨拶をするのもOK!その場合は事前に、業務部や総務部など、内勤の方に置く旨を伝えておく方がいいでしょう。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

☆ゴン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう