渡さない方がいいお菓子とは?

・食べにくいもの ・好き嫌いの分かれるもの ・臭いの強いもの ・手作りのもの このようなお菓子は、避けておくほうがいいでしょう。カレー風味や激辛のお菓子など匂いと刺激の強いお菓子、きなこ菓子のように粉が飛んだり食べにくいお菓子は外すのがベター。たまに手作りのお菓子を配る人も見かけますが、親しい間柄ならまだしも、そうでない人や上司などには控えたほうが無難です。

のしやメッセージは必要?

のしはなくてもいいですが、少人数の職場や親しかった同僚には、メモ程度のメッセージを添えるとさらに丁寧な印象を持ってもらえますね。人数が多かったりそこまでの間柄でなければ、ひと言挨拶するだけでも十分ですよ。

タイミングはいつがいい?

配るタイミングは最終出社日にしましょう。最終出社日に業務がなく、すぐに帰る場合にはその前の出社日に。当日に準備ができていない、なんていうことにならないよう、前もって計画的に準備しておくことをおすすめします。

ひとりづつに配る場合

終業後が会社にも迷惑をかけず一番いいですが、定時にすぐに帰ってしまう人が多い職場ではそうもいきませんね。上司の許可を得て終業前にデスクを回ったり、お昼休みを利用するなど、会社の雰囲気に応じた工夫が必要です。

共有スペースに置いておく場合

人数が多い職場や個別に挨拶するのが苦手な方は、共用スペースにお菓子をまとめて置いて、みんなの前でひと言挨拶をするのもOK!その場合は事前に、業務部や総務部など、内勤の方に置く旨を伝えておく方がいいでしょう。

大人数に配るなら!安くて大量の定番お菓子8選

1. ヨックモック「シガール」

バターを練りこんだ生地を巻いて、葉巻のような形にしたことからその名がついたシガール。サクッとした甘い口当たりとバターの風味で、昔から人気の定番クッキーとして知られていますね。 日本では定番のイメージのお菓子ですが、中東諸国ではセレブの間で大人気なんだそうですよ♪
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS