コスパ良好、バリエ豊富!アルパカワインの味や種類を徹底解説!

リーズナブルで手に入りやすいと人気のチリ産のワイン。なかでも、最近注目を集めている「アルパカワイン」をご存じですか?赤ワイン、白ワインはもちろんロゼやスパークリングなど種類も豊富なアルパカワインについて解説いたします♪

2018年4月13日 更新

ファン急増中!アルパカワインが気になる

アルパカのかわいらしいパッケージが特徴のアルパカワイン。ここ数年人気を集めているチリ産のワインですが、スーパーや酒販店でも手軽に買えるとじわじわ人気を集めています。

アルパカワインが、いったいどのような味なのかご存知ですか?また、リーズナブルな価格以外の人気の理由やアルパカとの関係など、わからないことがたくさんありますが、実際どうなのでしょうか。

今回は、そんなアルパカワインについて詳しくご紹介していきます。どれを選べばいいか分からないという方もために、特におすすめのアルパカワインもお伝えしますよ♪

アルパカワインとは

輸入量急上昇のチリワイン

ここ数年、人気のチリ産ワイン。そのなかでも「アルパカワイン」は名門ワイナリーであるサンタ・ヘレナ社が手掛ける人気の商品です。サンタ・ヘレナ社は今では多数あるチリのワイナリーの中でもパイオニア的存在として知られており、今では世界50カ国以上で親しまれています。

それまで絶大な人気であったフランス産のワインと比べると圧倒的にリーズナブル。飲みやすく、コスパが良いと人気ランキングでも堂々の一位を獲得するほどの実力です。

アルパカワインっておいしいの?

一部では「口にあわない」と声もあるアルパカワインですが、SNSなどを見ると「おいしい」と言った声の方が多数のように感じます。コスパの良さを称賛する声も多数あるわけですが、なぜアルパカワインはそんなにおいしいのでしょうか?

それは使用されている原料のブドウに秘密があるのです。アルパカワインに使われているブドウは、太陽の光をたっぷり浴びた温暖なチリの気候のもとで作られます。寒暖差の激しいアンデス山脈で育つブドウは、旨みがぎゅっと濃縮され、香り高くコクのある味わいになるのですよ。

さらに、チリではワインを蒸留するための技術も、どんどん向上しています。チリには、カリフォルニアやフランスのワイナリーもたくさんあります。大手や老舗が参入することで、高度なテクニックが現地で広がるのです。このような理由からもアルパカワインがおいしいことにうなずけますね。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう