飲み残したワインの保存は「栓」が大切!おすすめのグッズ5選♪

芳醇な香りと味が楽しめるワインは、お酒好きにはたまりませんよね。でも、大容量入っているワインを一度に飲み切るのはなかなか難しい。そんなときに参考にしてほしい保存方法をお教えします。おすすめのワインの栓もご紹介しますよ。

一度開けたワインの保存のコツは?

ワインは栓を抜くと、そこから少しずつ味が変わっていってしまいます。開栓済みのワインをもたせたいなら、ワインと空気が触れないようにすることが一番重要です。

一番簡単にできる方法は、もう一度栓をすることです。何も道具を使わないので、手軽にできますね。しかし、この方法だと瓶の中には一定量の空気が残ってしまいます。さらに長持ちさせたい方には次の方法をおすすめしますよ。

ひとつは小さな容器に移すことです。ワインボトルよりは瓶内の空気量が少なくなるので、長持ちしやすくなります。もうひとつは真空容器や真空ポンプを使って、空気に触ないように保存する方法です。道具を用意しなければならないという面倒さはありますが、ワインが長持ちしますよ。

最後にご紹介するのは、窒素ガスのボンベを使う方法です。窒素を注入することで酸化の原因になる酸素を瓶内から排除することができます。ワインが好きで飲む頻度が高い方にはおすすめですよ。

ワインの保存場所は?

ワインをおいしく保存するためには、保存環境も重要です。最適な条件とは、温度が一定で涼しいこと、光がないこと、湿度が高いことが挙げられます。さらに、振動がなく、周囲ににおいの強いものがないというのも大切です。

では、自宅でワインを保存するのに最適な場所はどこなのでしょうか?日本は一年を通して気温や湿度が変動するので、季節によって保存場所を変えるのが望ましいでしょう。夏場は、冷蔵庫の野菜室がベターです。

冬は、涼しい場所での保管が最適。暖房はもちろん、日光も避けるのが無難です。低すぎるところで保存すると、逆にワインがダメになってしまうことも。開封後のワインについては季節を問わず、冷蔵保存がいいですね。

おすすめの栓5選

バキュン(VACUVIN)

バキュンは、ワイン愛好家には知らない人がいないくらいの有名な商品です。付属のポンプで瓶の中を真空状態にしてくれます。とっても優秀な商品なのに、お手頃価格で購入できるのがうれしいですね。

カラーワインストッパー&ポアラー

栓にもなり注ぎ口にもなる、ひとつ二役のとっても便利なアイテム。見た目もおしゃれなのがうれしいポイント。カラーバリエーションも豊富で、ワインレッド、グリーン、グレーから選ぶことができますよ。

イオプラス 真空式 ボトルキャップ

先ほどご紹介したバキュン同様、真空を作り出せるアイテム。真空状態になると勝手にロッドが下がるので、そのまま冷蔵庫などにいれて保管することができます。コンパクトなので、保管場所を取らないのもうれしいですね。

レコルト イージーワイン キーパー

ワインボトルの口にセットして、キャップ上部を数回ポンピングするだけという簡単さ。日付マーカー付きで、開栓日が分かるのもうれしいですね。イオプラスよりもさらにコンパクトなので、保管場所に困りませんよ。

Golden Flower ワイン栓 シリコン製

瓶内から空気を抜いたりする機能はありませんが、お手頃価格で購入でき、使い勝手のいいシリコン製のワイン栓です。瓶に隙間なくしっかりと密着するので横に倒しても中身がこぼれません。開封後でもワインセラーに寝かして保存することができますよ。

もっと気軽にワインを楽しもう♪

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

ayuren

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう