ローディング中

Loading...

アイスワインとは、ドイツ、オーストリア、カナダの限られた国で生産されている、極上の極甘口デザートワインのこと。あまり馴染みがないアイスワインの飲み方、おすすめ銘柄など、甘口ワインの最高峰について詳しくご紹介します。

アイスワインとは?

凍ったぶどうを使ったワイン

アイスワインをご存知でしょうか?日本では決してポピュラーな種類のワインとは言えませんが、世界的にはカマンベールチーズと同様に特殊な白カビの効果による「貴腐ワイン」と並んで、甘口ワインの最高峰とされています。

寒さの厳しい地域で、収穫の遅い完熟した葡萄の実が樹上で自然現象で凍ることで、水分量の少ない凝縮されたうま味が生まれる「奇跡の甘味」と称される極上なワインになるのです。

凍ったブドウの実からは通常の1割近くしか果汁が絞れません。しかも収穫時期を冬まで待つ間に鳥に食べられたりして収穫量は非常に少なくなります。農家にとっては、アイスワイン用のブドウを栽培することは、危険な賭けでもあるのです。しかも収穫は凍っている間に行う必要があるので、真冬の夜明け直後に行なわなければなりません。

アイスワインの由来

18世紀末のドイツ、バイエルンの北部に広がるフランコニア地方の農村で、寒波に襲われて凍りかけたブドウの実を使った偶然の産物として、史上初のアイスワインが誕生しました。本来なら「捨てるしかない」と思われていた氷結しかけたブドウを貧しい農民が、もったいないからとダメ元で使ってみたことが、誰もが予想もしなかった意外な好結果をもたらしました。

その後は芳醇な香りと強い甘味が評判となり、偶然の産物による希少性から「貴族のワイン」とも呼ばれるようになって、高級品として意図的に製造されるようになりました。

発祥地から同じ文化圏であり、かつてはドイツ・オーストリア帝国として地理的に隣接したオーストリアに製造法が伝わり、その後、より安定的な生産を目指してカナダのオンタリオ州のナイアガラ・オン・ザ・レイクでアイスワインの生産が始まりました。

アイスワインの名前

アイスワインの名称は国際的な登録商標であり、前述の歴史的な経緯からドイツ、オーストリア、カナダ産以外では、その名称を使うことはできません。フランスのシャンパーニュ地方で造られたスパークリングワインだけが「シャンパン」を名乗れ、ボジョレー地方で造られた新酒のワインだけが「ボジョレー・ヌーボー」を使えるのと同様です。
▼アイスワインと並ぶ「貴腐ワイン」って、どんなもの?

アイスワインの飲み方

冷やし過ぎに注意

人間の味覚は、口にする食材やお酒の温度が下がるに従って鈍くなります。甘みの強いアイスワインの本質を味わいたいなら、あまり冷やし過ぎないことがポイントです。適温は、白ワインよりやや低めの10度以下

食品用の冷蔵庫は0度近くになるのでご法度ですが、室温で保管したワインならお飲みになる1〜2時間くらい前から冷やすと、ちょうどよい飲み頃になります。氷入りのワインクーラーで冷やすのもNGです。冷やし過ぎた場合は、室温にしばらく置いて適温になるまで待ちましょう。

デザートにかける

甘口のワインやリキュールをデザートにかけるのが、大人流の楽しみ方です。クラシックな洋菓子の定番「サヴァラン」やチョコレートの「ボンボン」を始めととして、お酒を使ったスイーツはたくさん存在します。アイスクリームには、より甘口のお酒を合わせましょう。その意味では糖度の高いアイスワインはベストマッチです。

グラスについて

アイスワインのグラスは、シャンパンに使う細長いフルートグラスを使います。人の味覚は温度が下がると鈍くなるので、あまり冷やし過ぎない方がそのテイストを存分に味わえます。ガブガブ飲むお酒ではないので、注ぐ量は普通のワインよりも少なめにするのがセオリーです。

グラスは冷やさずに、注いだらブランデーを飲むように手のひらで包み込むようにすると、温度の上昇と共に、華やかな香りがフワッと立ち昇って来ますよ。

一方で、日本でも有名なグラスメーカーであるリーデル社では、やや口の開いたチューリップ型のデザートワイン用のグラスを販売しています。これは、ワインの流動位置を調整して酸味の感覚を強調して、甘味をやわらげてゴージャスなバランスを演出する意図があるそうです。

アイスワイン以外のアウスレーゼ、バルサック、ソーテルヌなど諸国の甘口ワインに使いましょう。

カナダ産アイスワインの特徴とおすすめ

カナダはドイツからの移民が多く、しかもトナカイがいるほど寒さが厳しい国です。ワイン用のブドウの収穫時期は秋が普通ですが、アイスワイン用の葡萄は真冬に収穫されます。ブドウの実は夜間は凍てつき、昼間は陽を浴びて少し溶けます。それを繰り返して水分量が減って凝縮します。

おすすめ銘柄「ノーザン・アイス ヴィダルアイスワイン」

カナダはドイツ移民が多く、しかもトナカイがいるほどの厳しい大自然を有しています。日中の寒暖差が激しく、夜間に凍て付いたブドウが、昼間は太陽光を浴びて溶けかかります。それを繰り返すと水分が低下して凝縮されるのです。これがクオリティが高いカナダ産アイスワインの秘密です。

カナダのオンタリオ州で2軒だけしかないアイスワイン専業のワイナリーです。初ヴィンテージから、いきなりモンドセレクションで最優秀金賞を受賞して世界各国から注目を集めます。しかし生産量は少なく、年間わずか3,000ケースほどで、ワインマニアの垂涎の的となっています。
おすすめ銘柄「ノーザン・アイス ヴィダルアイスワイン」

出典:楽天市場

【カナダ】【白ワイン】ノーザン・アイス ヴィダル アイスワイン アイス・ハウス 375ml [甘口]

¥5250

楽天市場で購入

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

【朗報】レストランで頼めば2万円近くする高級ワインが、サイゼではなんと驚異の7000円!?知る人ぞ知るサイゼのワイン通!

実はサイゼリヤは、ワイン好きにはたまらない美味しいワインをリーズナブルに食することができるお店。 店舗によっては常時50種ものワインを揃え、他のレストランの通常価格の半額以上低価格で提供しているとのこと。その…

採れたてフルーツの新鮮な味!「アラン・ミリア」のジュース&ネクターが大好評☆

「ジュースやネクターを通して、採れたてフルーツを味わう悦びを再発見してほしい」。フランス・リヨン郊外で果樹園を営む家に生まれ育ったアラン・ミリア氏がつくるジュース&ネクターに、フランスが誇る美食のひとつとして…

1瓶5,000円!濃密な時を味わえる幻のラグジュアリーヨーグルト「クレマドール」

北海道ノースプレインファームの「オホーツクおこっぺ牛乳」と、厳選された蜂蜜・お砂糖の3つの材料だけで作るヨーグルト。それがクレマドールジャパンの「クレマドール」です。1日たった30~50個の限定販売!そして1…

世界で2番目に消費されている蒸留酒! ブラジル原産「カシャッサ」がじわじわキテる!!

サトウキビを原料として作られる、ブラジル原産の蒸留酒「カシャッサ」。日本人にはあまりなじみのないお酒ですよね。ブラジルW杯が間近に迫った今、ブラジルで絶大な人気を誇るこのお酒が、徐々に日本でも注目を浴びてきて…

もはやワインなの!? ハチミツの香り&“極”がつく超甘口「貴腐ワイン」の魅力とは?

独特な酸味や渋みが苦手な人も多いワイン。一方、値段と品質が単純に比例しない奥深さをもつなど、その世界にハマる人も多いですよね。実は、甘口・辛口などで区分されるワインの味わいの概念を覆すようなワインが存在するん…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

2017年最新版!お取り寄せしたいおすすめ人気パン7選

たまには特別なパンを食べたい!そこで今回は、天然酵母などお取り寄せしたいおすすめの人気パンを7選に絞ってご紹介します。わざわざお店へ足を運ばなくても、手軽に絶品パンを楽しめるのはうれしいですよね。贈り物や、自…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

お弁当にも使える♪市販シュウマイの絶品アレンジレシピ12選

今回は市販の冷凍シュウマイを使ったアレンジレシピをご紹介します。そのまま食べてもおいしいですが、少しアレンジを加えることで、新しい顔を見せてくれますよ。お弁当にもおすすめなので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

グラタン皿の代用は身近な品でOK!おすすめレシピで献立の幅がアップ

グラタン皿って使う頻度が低いわりに結構な収納スペースをとってしまい、邪魔だと思ったことはありませんか?また、ちょっとよいグラタン皿を買おうと思うと値も張ります。わざわざ買わなくても大丈夫なんです!代用品でグラ…

ねこ好き悶絶!セリア「猫皿」がこだわり派も納得の上質さで買い占め続出♩

最近の100円ショップは驚くほどクオリティの高い商品がたくさんあります。そんな中でセリアの猫皿をご存じでしょうか。かわいい上になんにでも使える便利なお皿なんです。今回は100円とは思えないセリアの猫皿について…

ページTOPに戻る