フランス菓子「カヌレ」って?由来からおすすめの食べ方まで!

人気急上昇中のカヌレをご存知ですか?とても不思議なネーミングですね。どんなお菓子か思い浮かびましたか?カヌレの食べ方は、どうするのが良いのでしょうか?カヌレの詳細のほか、作り方や日持ちするのかについてもお話していきましょう。

2019年4月10日 更新

カヌレってなに?

みなさんは「カヌレ」というお菓子をご存じでしょうか?スイーツショップなどでは人気の商品となっており、SNSにはたくさんのカヌレ写真がアップされています。カヌレの作り方を知れば、自分で作ることもできますよ。カヌレのおいしい食べ方や、どのくらい日持ちするのかについてもご紹介していきましょう。

カヌレとはフランスの伝統的なお菓子

カヌレとは?

カヌレとはフランスの伝統的な洋菓子なのです。カヌレには正式名称があり、「カヌレ・ド・ボルドー(cannelé de bordeaux)」というのが正しい名前。

見た目には溝のついたおしゃれな形状をしていて、表面はカリッと、内側はしっとりしています。ずっしり重みのある洋菓子ですよ。

カヌレの発祥

カヌレの発祥は、ボルドー地方のワイン造りがきっかけだったのだとか。ワインの澱(おり)を除去するために卵白を使用していたため、卵黄ばかり残ったそうです。卵黄を捨ててしまうのはもったいないので、上手な利用方法を考えた結果、カヌレを作り出すことに成功しました。

「カヌレ」の意味

カヌレというネーミングにはどのような意味があるのでしょうか?カヌレ(cannelé)は「溝の付いた」という意味を持っており、見た目の形状そのままのネーミングだということがわかりますね。カヌレを作る際には専用のカヌレ型があり、これを使用するケースがほとんどです。
1 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう