納豆チャーハン

ふーみんでは、家庭料理が味わえるお店とあって、メニューも豊富でお得なランチメニューがあるのも喜ばれるところですが、一番はリーズナブルに料理をいただけるのがポイントです。こちらには、チャーハンメニューは、かにチャーハンと納豆チャーハンの2種類。ほかではあまり目にしない独特なメニューですがおすすめのひと品です。 特に気になるのがチャーハンに納豆という組み合わせ!意外や意外、納豆の臭みもなくご飯のパラッと感と納豆の粘り気の調和がとれていておいしいと評判です。
1150円(税込)
納豆が少し苦手と思う人にも食べやすく仕上がっている納豆チャーハン、納豆本来の臭みは消えて、食感として粘り気が残った状態になりますが、クセは強くないので一風変わったチャーハンに挑戦してみたい時におすすめの絶品チャーハンです。 ダイレクトに納豆チャーハンを食べる前に、お店のメニューのひとつで人気のある納豆ご飯をお試しで食べてみるのもいいですね。挽き肉とたっぷりのレタスが入った味も食感も存在感あるご飯メニューですので、さらなるおいしさを楽しめるでしょう。

12.【麻布十番】新福菜館

新福菜館は1938年代に京都で屋台から始まったお店の姉妹店として、麻布十番駅の5a出口から1分、7出口から3分のところに構える中華そば専門店のお店です。メインメニューは中華そばになりますが、焼飯も人気のようですね。 店内は、カウンター7席と2人掛けのテーブルが6席とややこぢんまりとしていますがアットホームな雰囲気です。入口に設置してある発券機で購入するシステムになっていて、中華そばとセットで焼飯をサイド注文する人が後を絶たないくらい人気のチャーハンのようですね。

焼めし

新福菜館の焼飯は、見た目が黒いので味付けも濃いのでは?と印象ついてしまいがちですが、イメージほど味は濃くなく、シンプルだけどモチモチっとした食感で味わい深いのでやみつきになるおいしさと評判になっています。焼飯は(大)、(中)、(小)とサイズが選べるので、中華そばと一緒に小さいサイズを注文する組み合わせはおすすめです。本店は行列の絶えない名店としても有名なので、ぜひこの味は試していただきたいですね。
焼飯の(大)、(中)、(小)それぞれのサイズついてですが、予想以上に量があるので、空腹時に行くことをおすすめします。一人で食べきれない時はシェアしてもよさそうですね。カップルで、友達で、口コミで話題になること間違いなしですね。ボリューム満点なので、ガッツリ食べれるのは嬉しいところ。リピーターがつくのもわかりますね。東京でこの味を試したら、京都旅行に行った際にでも本場の味を試したくなるかもしれませんね。

やみつきになる味を堪能しよう!

いかがでしたか?炒飯には、パラパラ系からしっとり系、昔ながらのものからインパクト重視なものまでバリエーションの多いことを発見できたと思います。お店によってもさまざまで、昔から変わらぬ味を守っているところや、個性を活かしたアレンジメニューを創作したりと炒飯一つでいろんな味わい方を楽しめることを知ることができました。 ここにまとめた中華屋さんの炒飯は、一度食べたらやみつきになるといわれるほどの絶品炒飯ですが、ほかにも穴場のスポットがあるかもしれません。今回のまとめを参考に、東京でおいしい炒飯を堪能できるお店をぜひ開拓してみてください。
▼東京のグルメを満喫しよう♩
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ