チャーハン

580円
お店の名物は、卵とチャーシューと長ねぎのみとシンプルな「チャーハン」。半チャーハン250円、普通サイズ580円と大チャーハン680円と、かなりの高コスパ高めです。

ごはんは塩気がほどよく、パラパラかつしっとり。比較的薄味に仕上がっているので、一品料理を追加して食べるのがおすすめです。昔ながらの懐かしいおいしさを味わってみてください。
店舗情報

10. おしゃれ空間で個性派中華「幸せのはし」(神楽坂)

Photo by @earth2001y

東京メトロ東西線の神楽坂駅より徒歩4分のところにある「幸せのはし」。創作料理とパラパラチャーハンで有名なお店です。

外観、内装ともに中華料理店のイメージなく、木のぬくもりを感じる隠れ家的な空間が広がっています。ひとりでも大切な人とでも入りやすいお店。店内にはカウンター9席、テーブル4席3卓が広がっています。

幸せのはし特製チャーハン

Photo by @yamt_gourmet

レギュラー(2~3人前)890円
お店のチャーハンはとても特徴的で、パラパラなだけでなくホクホクなんです。その創作性が非常に人気。ランチには、定番の「チャーハン」のほか、月替わりチャーハンやオススメチャーハン(数量限定)などに、サラダと味噌汁、杏仁豆腐が付いたランチ限定セットがおすすめです。
店舗情報

11. 食べごたえバッチリなチャーハン「龍朋」(神楽坂)

神楽坂駅より徒歩1分の場所にある、昔懐かしの中華食堂「龍朋(りゅうほう)」。常連さんはもちろん、たくさんのお客さんで賑わう人気店です。

黄色いファサードが目を引くお店は、年季が入った味のある佇まい。店内に入ると、テーブル30席ほどがゆったりと広がりますが、常に賑わっています。

グルメタウン神楽坂のなかでも随一の人気を誇るラーメン屋なので、時間に余裕をもって訪れましょう。

チャーハン

770円
お店のチャーハンが人気な理由は、ごろっと大きめな具材の食べごたえ。それでいながら、ごはんとのバランスが絶妙なんです。普通盛りでも十分なボリューム。

一見濃いめのビジュアルですが、意外とさっぱりしていてペロリと食べられます。塩加減と油の量も、絶妙な加減に調整されているので、胃もたれの心配もなし。

王道のおいしさの中華スープとともにいただけば、なんとも懐かしい気持ちに浸れますよ。
店舗情報

東京都内の名チャーハンを堪能しよう!

パラパラ系やしっとり系、昔ながらのものからインパクト重視なものまで、バリエーション豊富な東京都内のチャーハン。どこも唯一無二のおいしさがあるので、この記事を参考に、東京の名店を巡ってみてください。

※ 記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ