6.【渋谷】かにチャーハンの店

渋谷駅より徒歩5分、センター街の奥にあるかにチャーハン専門店です。雑居ビルの3階に入っているので外の看板を目印にしてお店を目指します。店内はカウンター10席、テーブル8席と比較的コンパクト。 時間帯によっては並びますが、回転が速いのでそれほど待たずに入れます。まずは、入口で食券を発券機で購入します。入店すると、オープンカウンターとなっているのでフライパンを軽快に振る様子が見れて食欲増進の予感。

かにチャーハン

670円(税込)

お店にはグランドメニューが7種類あって、それぞれお好みで選ぶシステムとなっています。どのメニューにもサイドにかに味噌汁、から揚げ1個、餃子2個が付いてきてセット価格もお手軽です。 ジャンルが「かにチャーハン」とまさにローカルフードといえそうなお店ですが、この味を求めて来店する人が後を絶ちません。チャーハンは、オーソドックスな具材で作っていますが、かにのほぐし身のせで存在感を出しているのが特徴的といえます。
かにチャーハンが提供されてくる時の、お米の立ち具合とパラパラ感が口コミでも評判で人気となっています。ひと口入れるごとにおいしさ倍増、きっと満足できるはず!チャーハンの味を知るためのワンポイントアドバイスとしてかにチャーハンは、まず王道からいくのがおすすめされています。 ご飯の食感と、かにの風味をしっかり味わことのできる王道に挑戦したら、再訪時には半熟卵のかに玉チャーハンなど、ほかの人気メニューを選んでみるのはいかがでしょうか。

7.【渋谷】仙台や

※現在このお店は閉店しております。
渋谷駅より徒歩5分、渋谷と代官山の中間に位置する場所にあって、デカ盛りメニューで有名となっているお店です。外観は昔ながらの街の中華屋さんといった雰囲気で、店内はカウンター5席、4人掛けテーブル6席でまずまずの広さとなっています。 基本的にボリューム重視な客層が多くいますが、デカ盛りに興味をそそられ来店される人も少なくないようですね。見た目以上にデカ盛りなので食べ応え抜群ですが、お腹を満たすための覚悟が相当必要になりそうです。

チャーシューチャーハン

850円(税込)
仙台やの鉄板メニューはいくつかあって、なかでもおすすめなのがチャーシューチャーハンです。お皿に盛ったチャーハンの上に、サイコロ状にカットしたチャーシューをこれでもかというくらい豪快にのせる圧倒的ボリュームのひと品で、ご飯の量も選べるので大盛りに挑戦する人が後を絶ちません。 メニューは他にもたくさんあるのでぜひトライしてみてくださいね。きっと空腹状態を事前に確認してから来店するのがポイントになってくるでしょう。
どのメニューも圧巻のボリュームですが、リーズナブルでコストパフォーマンスが高いこともあって常連さんを始め、多くのリピーターが集まるほどの繁盛店になっています。 注文前の注意点として、通常のお店でのサイズ規格と別格なのをご承知おきください。ですがこの規格外の大きさは、ガッツリ系が好みの人には嬉しいポイントですね。もしかしたら、フードファイターの気分を味わえるかも!? チャレンジャーになってみてください。

8.【神楽坂】幸せのはし

東京メトロ東西線の神楽坂駅2番出口より徒歩4分、江戸川橋近辺にある創作料理とパラパラ炒飯で有名なお店です。外観、内装とも中華のイメージなく隠れ家的雰囲気で、店内にはカウンター9席、テーブル4席が3卓と小さいながらも木のぬくもり感じるカフェ風な空間が広がっていて、一人でも友人とでも入りやすいお店です。 こちらのお店がウリにしていることといえば、チャーハンをパラパラでホクホクにした絶妙なおいしさを味わえるというところです。

幸せのはし特製チャーハン

750円(税込)
幸せのはしでは、チャーハンの仕上がりがとても特徴的で、おいしさ引き立つパラパラとホクホクを絶妙なバランスで作る創作性が非常に人気です。ランチ時にはお得なランチメニューをチョイスするのがおすすめ。特製チャーハンほか、月替わりとオススメ限定のチャーハンを790円のセット価格で提供、サラダと味噌汁、杏仁豆腐が付いてお得に食べられます。
こちらのお店は、ジャンル別にも創作性あるメニューが豊富で、ほかに見ないオリジナリティあるメニューばかりが揃っているので、それぞれメニューとのギャップに惹かれてしまうかもしれません。チャーハンへのこだわりは、メニューの紹介をピンポイントでしているので納得できるはず! 一度食べたらまた食べたくなるおいしさということでリピーター率も高く、口コミでも評判になっています。男女問わずしっとり静かな空間でランチしたい時にピッタリのシチュエーションが描けるでしょう。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ