ジンジャーエールの人気アレンジレシピ5選

市販のジンジャーエールをひと通り飲み比べたら、今度はぜひ自家製を楽しみましょう!基本的には、ショウガ、砂糖などの甘味料、炭酸水があれば作れます。あとはお好みでスパイスやハーブを準備してみて。

1.自家製ジンジャーシロップ

こちらのレシピでは、ジンジャーエールのもとになる「ジンジャーシロップ」が作れます。 スライスしたショウガにはちみつ、レモン汁を入れて約1日置いたら完成。お好みでシナモンやグローブ、鷹の爪などのスパイスを加えるのもおすすめですよ!いろいろトライして、好みの香りや辛みを見つけてみてはいかがでしょう?

2. フルーツ入りジンジャーエール

オレンジジュースとパイナップルをミキサーで撹拌し、あとはキンキンに冷やしたジンジャエールを加えて完成! 暑くて夏バテしそうなときの一杯に、ぜひどうぞ。シュワッとした炭酸とジンジャーエールのほどよい辛みは、食欲を増進させてくれるかも。パイナップルだけでなく、その他のフルーツやクラッシュしたゼリーをいれてもおいしくいただけそうなひと品です。

3. 黒糖はちみつジンジャーエール

しょうが入り黒糖はちみつを炭酸で割った、まろやかな甘さが特徴のジンジャーエールです。白砂糖とは違う深い香りと口当たりが楽しめます。 クローブ、ローリエ、シナモンも入っているのでスパイシーな香りが増し、ちょっと大人なジンジャエールですよ。

4. ノンアルモヒートジンジャーエール

ノンアルコールのモヒートが飲みたい方は、こちらのアレンジレシピはいかが? レモンをグラスの底に入れ、上から氷とジンジャーエールを入れて、ミントの葉を添えればできあがり!ミントの葉のすっきりとした香りは、ジンジャーエールにとてもマッチします。

5. ジンジャーハイボール

こちらは、ジンジャーエールをウイスキーで割ったハイボールです。お酒を飲む方なら、一度は飲んだことがあるであろう、定番を自宅で自作しませんか?好みに合わせて、ウィスキーとジンジャーエールの比率、レモン汁の量を調整することで、より飲みやすくなります♪

特集

FEATURE CONTENTS