【基本】レンジで簡単「卵豆腐」のレシピ。プロが教えるコツも押さえよう!

市販で買う印象の強い「卵豆腐」ですが、たった3つの材料で簡単に作れるんですよ!今回はレンジで作るレシピから、卵豆腐を使ったアレンジレシピまでまとめたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。食欲がないときの食事にもぴったりです。

2018年1月30日 更新

加熱のしすぎに注意する

卵豆腐を作るうえで最大のポイントは、加熱工程。加熱しすぎると"す"が入り、見た目や食感が損なわれてしまいます。レンジは200Wに設定することと、途中で取り出してかき混ぜることで、均一にほどよく加熱されてクオリティ高く仕上がりますよ。

卵豆腐のカロリー

低カロリーでヘルシーなイメージのある卵豆腐。実際のところ、どれくらいカロリーがあるのでしょうか?

上記の基本レシピで考えると、できあがり量500g分に対して187kcal。通常の絹ごし豆腐だと500gで280kcalなので、比較的低カロリーと言えますね。

卵豆腐のアレンジレシピ5選

1. 卵豆腐のエビあんかけ

鍋にだし汁を入れて中火で熱し、煮たったらむきエビ、酒、みりん、薄口醤油を加えます。再び煮たったら水溶き片栗粉をまわし入れ、とろみがついたら火を止めましょう。粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やし、卵豆腐の上に流し入れ、仕上げに三つ葉を散らして完成です。

ひんやりつるんといただけるあんかけ卵豆腐。ほっこり温まりたい日には、卵豆腐とあんかけをともに加熱して食べるのもおすすめですよ。

2. 卵豆腐のお味噌汁

鍋に水、和風だしの素を入れ、煮たってきたらサイコロ状に切った卵豆腐とわかめを加えて軽く煮詰めます。味噌を溶き入れ、小口ネギを加えたらできあがりです。

通常お味噌汁といったら絹豆腐ですが、卵豆腐にすればコク深い味わいに。卵豆腐自体に味がついているので、味噌の量は控えめでいいかもしれませんね。
2 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

田村佳奈子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう