11. クイジナート「ベジタブル スパイラルスライサー」

ITEM

Cuisinart(クイジナート)ベジタブル スパイラルスライサー SSL-100J

¥4,800〜

サイズ:約14×22.5×35cm 重量:約1.5kg 電源:AC100V(50/60Hz)・50W

※2022年1月23日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
4種類のカッティングコーンで、薄切り、細切り、リボン状、波型チップス型やスパゲッティ型など、8種類の切り方ができる電動スライサー。ベジヌードルや野菜のしゃぶしゃぶ、ポテトチップスを作りたいときに便利。毎日の生活で野菜をたくさん摂りたい方におすすめです。

12. リッター「電動スライサー」

ITEM

Ritter(リッター)電動スライサー E16

¥19,800〜

サイズ:22.2×33.2×22.7cm 重量:2.9kg

※2022年1月22日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
肉やパン、チーズも切れるドイツ製の電動スライサー。もちろん、トマト・玉ねぎなど野菜のスライスやキャベツの千切りも可能です。スライスの厚みは、1~20mmまで自由に選べます。ホルダー付きで、安全面にも配慮がされていますよ。本格料理を作る方必見の商品です。

そのほか人気のスライサー3選

13. 富士商「ドイツ製スライサー」

ITEM

富士商 ドイツ製スライサー TNS3000

¥3,540〜

サイズ:本体 約12.5×34.6cm、フードホルダー 約11.5×12×6.5cm 重量:本体 約250g、フードホルダー 約80g

※2022年1月22日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
幅と厚みの両方を調整できる、ドイツ製のスライサー。幅と厚みの組み合わせで、32種類の切り方ができ便利ですよ。輪切り、千切り、みじん切りと、いろいろな切り方に対応しているため、調理の強い味方になります。付属のフードホルダーは、果実の絞り器としても使用できますよ。

14. 愛プロダクツ「野菜調理機 クルル」

ITEM

愛プロダクツ 野菜調理機 クルル

¥2,180〜

サイズ:約18×14×25.3 cm

※2022年1月22日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ハンドルを回して野菜をらせん状にスライスしていく、回転式スライサーです。軽い力で簡単にクルクルとスライスできるのが魅力。千切りと薄切り、2種類の切り方ができます。ベジヌードルのほか、オニオンスライスやポテトチップス用のじゃがいもスライスも作れますよ。

15. マイクロプレイン「 スパイラルカッター」

ITEM

Microplane(マイクロプレイン)「スパイラルカッター」

¥1,804〜

サイズ:13×6×7.6cm 重量:約159g

※2022年1月22日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
鉛筆を削るように、簡単にベジヌードルを作れる商品。2つの穴があるため、野菜の大きさに合わせて使い分けが可能です。ベジヌードルは、サラダはもちろん、付け合わせとして添えると彩りが豊かになり、料理が華やかな印象になりますよ。

スライサーを活用して、楽しく料理しよう!

お手頃価格のものから、本格的な調理家電まで。スライサーはたくさんの種類があり、自分にとってベストな商品を選びやすいです。料理が好きな方も、苦手な方も、スライサーを使えばいつもの料理が簡単に、きれいに、おいしく仕上がるので、料理の腕がワンランクアップできますよ。

スライス、千切り、みじん切りまで、スライサーを使いこなせば料理の幅も広がりますし、手間も省けます。ぜひみなさんもスライサーで料理の時間を楽しみませんか?
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ