おすすめ食器棚シート10選!おしゃれさと機能を徹底比較

食器棚シートは食器棚やカトラリートレイの下に敷いて使います。食器棚シートはデコレーションのためだけでなく、シートを使うメリットはいくつかあります。また、機能が付いたシートもありますので、今回は食器棚シートの機能と商品を紹介していきます。

食器棚シートの効果と商品を徹底比較!

食器棚の収納のときに食器棚シートを使っていますか?シートは単なるデザインと考えて、お使いにならない方もいらっしゃいますが、使うことによって収納時のメリットもたくさんありますよ!今回は、食器棚シートを使うのと使わないのでどう違うかを説明し、いろんなメーカーから出ている食器棚シートの特徴と、通販で入手できる商品をご紹介します。

どうして食器棚シートは必要なの?

食器棚シートを使う一番のメリットは食器の保護です。食器棚の棚板は塗装をした木製か樹脂のものがほとんどですので、丁寧に扱えばすぐに食器にダメージが与えられるわけではありませんが、クリスタルや薄い陶器の食器などは衝撃に弱いため、適度な厚みと弾力のある食器棚シートがあれば安心です。

また、シートには滑り止めや除湿加工が施された商品もありますので、お好みで食器棚をカスタマイズすることができます。

近くのお店で手に入るキッチンシートとお値段

それでは身近なショップや通販で手に入る食器棚シートの特徴をご説明していきますね!

価格重視なら「100均(ダイソー・セリア)」で

セリア食器棚シート「フリーワード」30cm×300cm 108円(税込み)

セリアやダイソー、キャン・ドゥなどでは安価なキッチングッズが数多く販売されています。こちらの画像はセリアのもの。発泡ポリエチレンにプリントをされたものがほとんどで、デザインの種類も多いので、自分の好みで選ぶことができます。

デザインとコスパの両立を狙うなら「IKEA」

VARIERA 幅50cm×長さ150cm 1,180円(税込)

おしゃれなキッチングッズを購入できるIKEAでもキッチンシートは販売されています。こちらの商品は透明シートですので、食器棚や食器の持つ雰囲気を崩さず、さりげなく使うことができます。また、日本の商品よりも広幅の50cmですので、キッチン以外でも使えます。

コスパがいいのは「ニトリ」

フリル付きレース食器棚シート 幅30cm×奥行200cm 498円(税込)

ニトリの食器棚シートは滑り止め機能付きです。こちらの商品はフラワーのレース調デザインで、適度なクッション性と凹凸があるので、食器を保護しなが滑るのを防いでくれます。ニトリではこの他にも安価なポリエチレン製の商品もありますよ!

いろんな商品を比べるなら「通販」で!

楽天市場では108円~2,187円 (税込) まで数多くの商品があります。

通販では、様々なデザインや機能が付いた食器棚シートが入手できます。キッチンの雰囲気に合わせたり、消臭機能で選んだり、自分が必要としているものが見つけやすいですよ!

素材と機能性

コスパと機能を兼ね備えたポリエチレン製

食器棚シートでもっとも多いものがポリエチレン素材です。耐水性に優れており、温度変化にも対応できるため食器棚シートに向いている素材です。また、軽くて扱いやすい素材なので、防虫成分や防カビ成分・抗菌成分などの機能をつけやすいのも特徴です。そのため、多性能の食器棚シートはポリエチレン素材のものが多くなっています。しかし、使い始めのときは巻きグセが取れにくいです。

滑り止め重視なら樹脂素材

特集

SPECIAL CONTENTS