見栄え120点!マック風「アップルフライドポテト」で楽しいおやつタイム♩

アップルフライドポテトって聞いたことありますか?マックそっくりののフライドポテトをりんごで作る試みが、今インスタグラムなどで話題となっているのです。いったいどうやって作っているのでしょうか?詳しい作り方もご紹介します!

りんごでマックポテトを再現⁉︎

ほくほくでおいしそうなマックポテトと思いきや……これは、りんごではありませんか!なんともかわいらしく見事なクオリティ。今、りんごでマック風ポテトを作る人が続出しているのです。

子供から大人までハマっている、アップルフライドポテトを詳しくご紹介します!

アップルフライドポテトって?

「アップルフライドポテト」とは、「りんご」を使って「マクドナルドのフライドポテト」の見た目を再現したもの。赤色のリンゴの皮と、ほんのり黄色の果実がうまい具合にマックのシンボルカラーとおいしいポテトを演出してくれます。なんだかホクホクとおいしそうに見える不思議な錯覚もおきているような……

しかも、かわいらしいだけではなく、スナック感覚でりんごが食べられると話題です。
普段なかなかりんごを食べないという人も、これならぺろりとスナック感覚で食べられるようです。最後に器の部分まで食べれば、栄養満点のりんごをまるごと摂取!楽しくおいしく健康的と魅力はたくさんありますね。
りんごは小さい子供にも積極的に食べさせたい果物。多くのお母さんがチャレンジをして、見事にお子様が完食したという口コミも多くあります。お母さん子供も、たのしくてうれしい一工夫。りんごが苦手なお子様がいたら、ぜひチャレンジしてみましょう!

アップルフライドポテトの作り方

用意するもの

・りんご……1個
・爪楊枝……15~20本程
・塩水

作り方

1. りんごの上下を平らになるように切り落とします。
2. 包丁を使い、周りの皮を残すようにりんごをくり抜きます。
3. 変色しないように、切り抜いた実と皮は塩水につけておきましょう。
4. くり抜いたりんごの実をマックのポテトのように棒状に切ります。
5. 高さを出すため、切ったリンゴに1本ずつ爪楊枝をさします。
6. りんごの器にマックの「M」を彫ります。
7. 棒状のりんごを爪楊枝が下になるように、完成した器にバランスよく入れたらできあがりです。

上手に作るポイント

りんごを切り抜く際は一気に切り進むのではなく、小型の包丁などを使って、アウトラインに沿いながら細かに上下を貫くように挿しこんでいくときれいに抜くことができます。
「M」の字を掘る際は「M」を下書きした後に、そのアウトラインをカッターでなぞり切り、薄く皮をはがすようにスライスしながら掘り進めるときれいな「M」に仕上がります。

みんなの作品を見てみよう

本物のマックの商品に見事に溶け込んでいます。一見本当にわからないので、こんな風に一緒に食べる人を驚かせて楽しんでいる人もたくさんいるようです。りんごが加われば、食事のバランスもよくなりそうですね。

特集

SPECIAL CONTENTS