ジュースは英語で「juice」じゃないの!? 飲み物の正しい言い方

「ジュース(juice)」の正しい意味と、英語で飲み物を示すときの正しい言い方をご紹介します。実は、日本でいうジュースは英語で「汁」という意味なんです。通販サイトAmazonの売れ筋ランキングで1位を獲得した人気ジュースも掲載していますよ。

2019年1月30日 更新

ココアは「hot chocolate」

英語圏で「ココアをください」というと、カカオ豆から作られた粉末がでてきます。日本では、ココアというとココアパウダーを牛乳に溶かした飲み物のことを指しますが、海外では「カカオパウダー」を溶かした飲み物のことを指すんです。

なので、ココアを注文したいときは「hot chocolate」と言いましょう。

ジュースは栄養が摂取できるドリンク

スロージューサーで作られる野菜や果物のジュース(素材100%)は抽出液だけを絞り出すため、繊維質はほとんど含まれません。そのため、消化に対する負荷が少なく、ビタミンやミネラルなどの栄養素が効率よく吸収できるんです。

また、濃縮されて空気が混ざりづらいため、酸化しにくいのも特徴です。ジュースもここまでくると、飲むというより美容と健康のために摂取するドリンクということになりますね。みなさんも、自分の健康状態に合わせたジュースの摂取方法をしていみるといいかもしれませんね。
▼たっぷり作ったらジュースサーバーを活用♪

Amazon売れ筋ランキング1位が集結!人気のジュース5選

英語圏の"ジュース"事情をお伝えしてきましたが、国内でも人気のジュースも数多くありますよね。ここでは通販サイト「Amazon」の売れ筋ランキングの中から、5つのジャンルで1位を獲得している飲み物をピックアップしました。

海外へ赴いたとき、「日本ではこんなドリンクが人気なんだよ」なんて話題にしてみてはいかがでしょうか?

【野菜ジュース第1位】カゴメ「野菜一日 これ一本」

ITEM

カゴメ 野菜一日 これ一本

内容量:200ml×24本

¥1,689〜 ※2019年1月24日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
野菜ジュース・フルーツジュース部門堂々の第1位は、カゴメが製造・販売している野菜ジュース「野菜一日これ一本」でした。30種類の野菜を使ったこちらのジュース。厚生労働省が推奨する野菜の摂取量350g分の栄養が、たった一本で取れてしまいます。

【フルーツジュース第1位】 アサヒ飲料「ウェルチ(Welch's) グレープ」

ITEM

アサヒ飲料 Welch's(ウェルチ) グレープ100

内容量:800g×8本

¥2,099〜 ※2019年1月24日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
野菜ジュース・フルーツジュース部門のなかで、果汁100%ジュースとしてもっとも人気を集めていたのがアサヒ飲料のグレープジュース「ウェルチ」。アメリカニュージャージー州で開発されてから、実に140年以上もの歴史を持つ人気ジュースなんですよ。

【炭酸飲料第1位】アサヒ飲料「ウィルキンソン タンサン レモン 強炭酸水」

ITEM

アサヒ飲料 ウィルキンソン タンサン レモン 強炭酸水

内容量:500ml×24本

¥1,928 ※2019年1月24日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
炭酸飲料部門でコカコーラを抑えて人気を獲得したのが、アサヒ飲料の「ウィルキンソン タンサン レモン 強炭酸水」でした。砂糖や人工甘味料を使わず、ガツンとした炭酸とほのかなレモンフレーバーを楽しめるひと品です。スポーツドリンク感覚で、ランニングのときに飲むと言う方も多いんだとか。
3 / 4
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ニコライ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう