まずいって噂は本当なの?不思議なイギリス料理の世界を覗いてみた

イギリス料理はまずい、というイメージがありますが、本当なのでしょうか?確かに質素なものがおおいイギリス料理ですが、最近は様々な要素を取り入れて、昔よりはだいぶおいしくなったとか、そうでないとか……。そんなイギリス料理の実態に迫ってみました。

(1)Stargazey Pie

直訳すると「星を見上げるパイ」。

何故星を見上げさせたのか。以下はWikipediaの意訳です。
「Stargazy pie」は16世紀に実在した「Tom Bawcock」という漁師を讃えるために食べられているそうです。
海が荒れ、漁にでることができなかったある日、クリスマスを前に、魚が主食であった村人たちは飢餓に直面していました。しかし12月23日、「Tom Bawcock」は勇敢にも嵐に立ち向かうことを決め、漁に出たのです。激しい嵐にもかかわらず、彼は村人全員に行き渡る程の魚を捕えることができました。「Tom Bawcock」に感謝した村人は、「捕らえた魚が入っていることが分かるように」頭を出してパイに入れられて振舞われたのです。
理由がわかると合点がいきます。ちなみに、ジブリ映画の傑作「魔女の宅急便」にもこの「Stargazy pie」が出てきます。
主人公の「キキ」があるおばあちゃんに頼まれてこの子に配達した「にしんとカボチャのパイ」

せっかく届けたパイをこの子は「私これキライなのよね」と言って捨て置きます。

皆が「コノヤロー!」と思ったこちらのシーン。
劇中ではこんな感じのパイですが…
実際はこれです。そりゃキライにもなります。気持ちわかります。
▼イギリスには、こんなパイもあるんですよ。

(2)Jellied Eels

直訳すると「ゼリーうなぎ」です。悪ふざけみたいな料理ですが、かつてはロンドン市民の低所得者層の主食だったそうです。
16世紀から19世紀のロンドンにおいて、ウナギは安くて栄養がある庶民にも手軽な食材であった。かつてのテムズ川にはヨーロッパウナギが多く生息し、貧困層にとっては主食になっていたのである。テムズ川でウナギがとれた時代の名残として、テムズ川にはイールパイ・アイランドという小島が存在する。18世紀のロンドンに、「イール・パイ・アンド・マッシュ・ハウス」と呼ばれる形式のウナギ料理店が出現した。

出典: ja.wikipedia.org

しかし生活が豊かになるにつれてうなぎの需要は激減し、今ではロンドンでうなぎを出している店はほとんど無いそうです。

こんな食べ方じゃなく、日本の調理法を学べば、またウナギも流行るんじゃないでしょうか?

(3) Haggis

これはスコットランドの伝統料理「ハギス」。

羊の内臓を羊の胃袋に詰めて茹でたものだそうです。内蔵を胃袋に…

スコットランドでは一般的な食べ物で、既製品を肉屋で購入できる。近年では動物の胃袋の代わりにビニールで包んだ商品や、缶詰などもあり、ベジタリアン用の野菜で作られたハギスも存在する。

出典: ja.wikipedia.org

その気色悪さに、フランスのシラク元大統領が「あんな酷い食い物を食うような奴らは信用できん」とまで言われたそうです。フランスは美食の国ですからね。

(4)Black Pudding

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

tanukimaru

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう