鯉は折(おり)?

意外なことかもしれませんが、その昔、鯉は鯛と並ぶ高級魚として珍重されていました。その傾向は内陸部に多く見られ、さらに鯉は「登竜門を昇って龍になる」という言い伝えがあったことから武家では特に珍重されました。そのため、鯉は箱や竹籠などに入れて搬入されたのです。箱や竹籠を“折”と数えたことから、鯉もまた“折”と数えられるようになったと言われています。
同じような理由から、鯛も“折”と数えられるケースがあるようですが、鯉ほど一般的ではありません。鯛は「めでたい」ということばの語呂合わせと美しい紅白の身から、江戸時代には祝い事には欠かせない高級魚となりましたが、室町時代には鯛よりも鯉のほうが格上のお魚とされていたのです。その名残りが“折”という数え方で鯉に残っているのかもしれません。

匹と尾に違いはあるの?

もともと馬のお尻がふたつに分かれていることから生まれた“匹”という数え方ですが、現在では、さらに意味が分化され、生きている小型の動物(鳥類を除く)を表わす助数詞として広く使われています。お魚の場合、水族館やいけすなどの水中で元気に泳いでいるお魚は匹で数え、市場やスーパーに商品として並んでいるお魚は尾で数えるのです。
辞書や数の数え方の本によると、助数詞の正しい使い方としては、生きているお魚を数えるときには“匹”死んで商品として数えるときには“尾”と言われています。しかし、この見解には若干の違和感も感じます。お魚の生死によって数え方が変わるというよりも、生き物として見るか、それとも取引商品として見るか、という視点の違いによると言ったほうがよさそうだと感じるのです。
それというのも、活魚店でいけすのなかに泳いでいるお魚を数える場合、お店の方は“尾”で数えます。生きて元気に泳いでいるお魚であっても、商品として見ている場合は、匹よりもむしろ“尾”という助数詞で数えるのです。お魚の生死そのものよりもむしろ、数える対象のお魚が生き物なのか、商品なのかで数え方が変わってくると考えた方が自然だと思いませんか?

日本語って難しい……!

日本語は難しい、とは日本語を勉強している海外のかたからよく言われることばです。英語だともっと簡単なのでしょうね。お魚の数を数える助数詞ひとつとっても、こんなにたくさんの種類の読み方があるのですから無理もありません。バラエティ豊かな日本語の助数詞は、専門の研究者泣かせだとも言われているのです。
日本に生まれ育ったわたし達も、普段使わないことばは自然と忘れてしまいます。ひとつの言い方さえ知っていれば、会話に困ることがないということもあり、自然とさまざまな表現を使わなくなってしまいます。
現在では、数を指定してお魚を買うこと自体が少なくなってきました。そもそも、マグロなど大型のお魚は頭からしっぽまである姿に出会うこと自体が少ないものです。そんななかで、大きさや状態さえも表わす助数詞を使う機会はどんどん少なくなっています。せっかくことばの豊かなこの国に生まれたものとして、なるべく多くのことばを文化として次世代につなげていきたいものです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ