いつもお酒を飲むと眠くなる…それって体にいいこと?悪いこと?

いい気分でお酒を飲んでいるのに、なんだかまぶたが重くなる。そんな経験は多くの人がしていると思います。どうしてお酒を飲むと眠くなってしまうのでしょうか。それは体にとってよいことなのでしょうか、悪いことなのでしょうか。

2016年12月6日 更新

体が冷えて眠くなる

眠る時は体温が低下しますが、体温が低下することで、眠くもなります。適量のお酒を飲むと、血行がよくなるため、汗をかいたり着ているものを脱いだりします。その後、体を冷やすことで眠気につながります。また適量を超えたお酒を飲むと、アルコールを分解する肝臓の機能を超えた量のアルコールが体に入ることになります。すると血中のアルコール濃度が上昇し、血管が収縮して体温が下がり、やはり眠くなってしまいます。

肝臓の機能が衰えていることも

「以前は、もっと飲めたんだけどなあ」そんな風に考えている人もいそうですね。年齢を重ねることで、体力や気力が衰えるだけでなく、内臓の機能も弱っていきます。若いころは肝臓も活発に働いて、せっせとアルコールを分解してくれたのでしょうけど、年をとってくるとそうはいきません。お酒を飲む量やおつまみを食べる量を減らて、体への負担を軽くしましょう。
さらに自治体や職場などでおこなわれている健康診断を受けつつ、異常を感じたら医師に診察してもらいましょう。思わぬ病気が隠れているかもしれません。

寝酒は体にいいの?

お酒を飲んで眠くなるのであれば、眠りたい時にお酒を飲めばいいのでは?と考えても不思議ではありません。寝酒の習慣は昔からありますし、寝る前に飲むお酒やカクテルを示す“ナイト・キャップ”なる言葉もあります。ただしすんなり眠れるのであれば寝酒(ナイト・キャップ)はよさそうですが、習慣にするのは要注意です。
お酒を飲んで眠ると、眠ったあとも肝臓はアルコールを分解するために働き続ける必要があります。自分では眠ったつもりでも、内臓は一生懸命働いているのでは可哀そう。眠るときは内臓も休ませてあげたいものです。

眠っている最中も働く内臓

「寝る前に食べてはいけない」との文句を見聞きした人もいるはずです。寝る前に摂取した食べものが、そのまま蓄積されることで太りやすくなるのに加えて、眠った後も内臓が働き続けるため、睡眠の質が悪くなるからです。これはそのまま寝酒にも当てはまります。寝酒しつつおつまみも食べてしまうと、徐々に太ってしまうかもしれませんね。肥満の危険があることを頭に入れておきましょう。
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

agatasei

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう